F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
00 時間
:
58
:
48
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
14 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
42 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
49 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
63 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
77 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
84 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
98 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
105 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
119 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
133 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
161 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
168 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
182 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
189 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
203 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
217 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
224 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
238 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
252 days

フェラーリ遂に最速&メルセデスに問題発生。ガスリー2番手の期待感|F1テスト後半2日目

シェア
コメント
フェラーリ遂に最速&メルセデスに問題発生。ガスリー2番手の期待感|F1テスト後半2日目
執筆:
2020/02/27 17:25

F1プレシーズンテスト後半日程の2日目が行なわれ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイム。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが2番手となった。レッドブルが硬いタイヤで堅実に周回する中、メルセデスのPUにはトラブルが発生し、開幕に向けて不安が高まる結果となった。

 F1プレシーズンテスト後半2日目の走行が行なわれ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。一方でメルセデスにはトラブルが発生。不安の残る結果となった。ホンダ勢はアルファタウリのピエール・ガスリーが2番手。レッドブル勢は硬いタイヤで走行を重ねた。

 スペインのカタルニア・サーキットで行なわれているF1のプレシーズンテスト。後半2日目は午前中の走り出しこそウエットコンディションだったが、各車が周回を重ねるに連れ、ドライコンディションとなっていった。

 そんな中、この日のベストタイムを記録したのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテル。これまではなかなかタイムシートの上位に名を連ねることのなかったフェラーリだが、ここにきてトップタイムを記録してきた。

 ベッテルのベストラップは、午前中にもっとも柔らかいC5タイヤで計測した1分16秒841。ただこれは、テスト前半にメルセデスが計測した最速タイムよりも1秒以上遅いものである。

 ただベッテルは、レースシミュレーションを含め145周を走破している。最終盤、新品のC5タイヤを投入したベッテルだったが、タイムを計測することなくピットに戻っている。

 2番手につけたのは、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーだった。ガスリーは午後、積極的にロングラン。C3とC2のタイヤで周回を重ねた。しかしセッション残り40分を切った頃から、新品タイヤを立て続けに投入。1アタックずつのパフォーマンスランを複数回行ない、C5タイヤでの走行でベストタイムを大きく更新した。最終的にはベッテルから0.225秒遅れの2番手となった。ガスリーはこの日139周を走った。

 3番手にはレーシングポイントのランス・ストロール。やはり午前中のタイムがこの日の自己ベストラップとなった。ストロールも午前中は30周止まりだったが、午後にはロングランも実施。合計130周を走った。

 ウイリアムズのニコラス・ラティフィは、全ドライバー中最多となる合計160周と順調に走行を重ね、C4タイヤで4番手となった。ラティフィのこのタイムも午前中に記録したものだった。5番手ランド・ノリス(マクラーレン )も、午前中のタイムが自己ベストだ。

 レッドブル・ホンダは、午前中にはマックス・フェルスタッペン、午後にはアレクサンダー・アルボンが走行を担当。フェルスタッペンは途中スピンしコースオフ……赤旗の原因となった。ただこの日のレッドブルは、そのほとんどの走行でC2タイヤを使用。アルボンが1セットだけC3を履いたが、まだ爪を隠している状態だ。

 心配なのはメルセデスである。午前中に走行したバルテリ・ボッタスは7番手タイム。一方で昨年王者のルイス・ハミルトンは、ロングランを始めて13周を走った後、ターン5の立ち上がりでパワーを失い、そのままターン7でマシンを止めてしまった。

 マシンはガレージに戻され修復作業を受けたが、結局コースに戻ることはできず……ハミルトンのこの日の走行は、僅か14周で終わってしまった。トラブルはオイルプレッシャーの異常だったとも言われるが、チームは問題の原因について調査している。

 メルセデスは今年のテストで、カスタマーチームのウイリアムズも含め、パワーユニットの信頼性の問題に苦しんでいる。開幕に向けて不安材料となりそうだ。

 ルノー勢は午前中にエステバン・オコン、午後にはダニエル・リカルドが走行を担当。パフォーマンスランも行なうという情報もあったが、結局は9番手と11番手に終わっている。

 ハースのケビン・マグヌッセンは9番手、12番手アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィはターン4のブレーキングで挙動を乱してコースオフ……バリアにぶつかりリヤウイングを壊したものの、自力でコースに復帰することができた。

 今年のプレシーズンテストも残すところあと1日。勢力図が見えてくるのか? 注目が集まる。

Read Also:

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ  1m16.841s   145 
2 ピエール・ガスリー アルファタウリ 1m17.066s +0.225 139
3 ランス・ストロール レーシングポイント 1m17.118s +0.277 130
4 ニコラス・ラティフィ ウイリアムズ 1m17.313s +0.472 160
5 ランド・ノリス マクラーレン  1m17.573s +0.732 113
6 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1m17.738s +0.897 31
7 バルテリ・ボッタス メルセデス 1m17.985s +1.144 47
8 エステバン・オコン ルノー 1m18.013s +1.172 37
9 ケビン・マグヌッセン ハース 1m18.225s +1.384 111
10 アレクサンダー・アルボン レッドブル 1m18.393s +1.552 61
11 ダニエル・リカルド ルノー 1m18.395s +1.554 59
12 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1m19.670s +2.829 92
13 ルイス・ハミルトン メルセデス 1m22.425s +5.584 14
次の記事
テスト後半2日目、午前はベッテルが最速。レッドブルのフェルスタッペンは5番手

前の記事

テスト後半2日目、午前はベッテルが最速。レッドブルのフェルスタッペンは5番手

次の記事

アルファタウリのガスリー、2番手タイムでマシンに好感触「自信を感じている」

アルファタウリのガスリー、2番手タイムでマシンに好感触「自信を感じている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Barcelona February testing II
執筆者 田中 健一