親愛なるファンの皆様へ……新型コロナへの対処についてF1のCEOが”手紙”を発表

新型コロナウイルスの感染拡大に大きな影響を受けるF1。F1のCEOであるチェイス・キャリーがFormula1.comに、「親愛なるF1ファンの皆様へ」とした手紙を発表。現在置かれている状況などを説明した。

親愛なるファンの皆様へ……新型コロナへの対処についてF1のCEOが”手紙”を発表

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、F1の2020年シーズン開幕戦オーストラリアGPは、フリー走行1回目まであと2時間という直前のタイミングで中止となった。また、第2戦から第4戦までも延期が決定。現時点では、第5戦オランダGPで開幕する予定となっている。

 ただし、新型コロナウイルスの感染拡大は、先行きが不透明。状況によっては、さらに開催スケジュールに変更が及ぶ可能性もある。

 そんな中、F1のCEOであるチェイス・キャリーが、Formula1.comに”全てのファンへ”と題した手紙を公開した。

 この手紙には、以下のように記されている。

***************

親愛なるF1ファンの皆様へ

 我々は、新型コロナウイルスの大流行に対処するために、先週からのいくつかの考えと展望を皆様に共有したかった。

 なによりもまず、我々の最優先事項は、F1のファン、チーム、およびF1の組織に属する全員、そしてさらに広範囲の社会の健康と安全である。

 オーストラリアGPのキャンセル、及び他のレースの延期の影響を受けたファンに謝罪を申し上げたい。これらの決断は、急速に変化する状況の中で、F1、FIA、および現地のプロモーターによって行なわれた。しかし我々は、それが正しく、必要なモノだったと信じている。そしてF1ファミリーの人々を含む、既にウイルスの影響を受けた人たちにも配慮したい。

 誰もが、2020年のF1の次のステップがどうなるのか、それを知りたいと思っている……そのことは認識している。状況が流動的であることを考えると、現時点でその具体的な答えを申し上げることができない。しかし、安全な状況になり次第、2020年のチャンピオンシップを開始する予定だ。今後数ヵ月でどのように進展していくかを評価するために、我々は毎日専門家や当局の人々と協力し合っている。Formula1.comで、できるだけ早く最新状況を提供し、詳細をお知らせしていくつもりだ。

 我々は皆さんのサポートとご理解に感謝するとともに、皆さんと皆さんの家族の健康をお祈りしている。

チェイス

***************

 なおオーストラリアGPで感染が確認されたマクラーレンのチームスタッフ以外にも、ピレリのスタッフにも新型コロナウイルスに罹患している事が確認されるなど、具体的な影響が出始めている。

Read Also:

シェア
コメント
コロナウイルスの脅威に揺れるモナコGP。主催者側は「現時点では開催予定」

前の記事

コロナウイルスの脅威に揺れるモナコGP。主催者側は「現時点では開催予定」

次の記事

FIAを信用しようよ! ルクレール、疑惑のPU問題に抗議のライバルへ一言

FIAを信用しようよ! ルクレール、疑惑のPU問題に抗議のライバルへ一言
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1