F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

F1チーム&PUメーカーのファクトリー閉鎖期間がさらに延長。WMSCが承認

シェア
コメント
F1チーム&PUメーカーのファクトリー閉鎖期間がさらに延長。WMSCが承認
2020/04/28 15:36

FIA世界モータースポーツ評議会は、新型コロナウイルスに関する現状を鑑み、F1チームとパワーユニットメーカーのファクトリー閉鎖期間をさらに延長することを承認。チームは63日間連続でファクトリーを使えないことになった。

 FIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)は、新型コロナウイルスの観戦拡大に伴い、F1チームをパワーユニットメーカーのシャットダウン期間をさらに延長することを承認した。

 新型コロナウイルスの観戦拡大に伴い、開幕が大幅に遅れている2020年シーズンのF1。そのため、通常は夏期に実施される各チームのファクトリー閉鎖期間が、3月〜4月に前倒しされている。しかもその閉鎖期間は、当初の3週間から5週間へと延長されていた。

 ただ、新型コロナウイルスのパンデミックは収束の兆しを見せていないため、ファクトリーの閉鎖期間がさらに延長されることが、WMSCによって承認された。これにより各チームは、3〜6月の間に63日間連続でファクトリーを閉鎖しなければならないことになった。

 しかしチームからの申請とFIAの事前の署名による承認があることを条件に、閉鎖開始から50日を経過した後であれば、最大10人のスタッフにより、プロジェクトを遠隔で作業することができるという。

 また、パワーユニットメーカーのシャットダウン期間も、当初の35日から49日(7週間)に延長。こちらは閉鎖開始から36日を超えた時点から、最大10人のスタッフが遠隔作業でプロジェクトを進めることができるという。こちらも、メーカーの申請とFIAによる事前の承認が必要であるとされている。

 現時点でF1は、第10戦として予定されていたフランスGPまでが延期もしくは中止されることが決まっている。しかしF1は、7月上旬のオーストリアGPを無観客で開催することを目指しており、その後9月上旬までヨーロッパで数レースを開催し、9〜11月にアジア、ユーラシア大陸、南北アメリカ大陸でのレースを開催。12月に中東でレースを行ない、シーズンを締めくくるカレンダーを構築すべく、調整が進められている。

Read Also:

次の記事
まさに“ハナ差”の決着! F1における最も僅差のレースベスト10

前の記事

まさに“ハナ差”の決着! F1における最も僅差のレースベスト10

次の記事

新型コロナウイルスの副作用? F1は深刻なオーバーテイク不足に苦しむのか

新型コロナウイルスの副作用? F1は深刻なオーバーテイク不足に苦しむのか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1