F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
18 時間
:
24
:
24
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

F1ハンガリーFP3:ワンツーのメルセデスにペレスが肉薄。フェルスタッペンは6番手

シェア
コメント
F1ハンガリーFP3:ワンツーのメルセデスにペレスが肉薄。フェルスタッペンは6番手
執筆:
2020/07/18 11:34

F1ハンガリーGPのフリー走行3回目が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは6番手だった。

 F1第3戦ハンガリーGPのフリー走行3回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、タイムは1分15秒437だった。

 気温17℃、路面温度23℃。直前に行なわれたFIA F3のレースでは“ちょい濡れ”のダンプコンディションとなっていたが、F1のフリー走行が始まる頃には路面はほとんど乾き、ドライコンディションとなった。しかしながら、F3のレース中にターン1からターン2にかけてオイルが広がってしまい、処理こそされているものの、その影響が懸念される中で60分間のセッションがスタートした。

 セッション最初の10分間はキミ・ライコネン(アルファロメオ)をはじめ数台のマシンがソフトタイヤでコースに出たが、精力的に周回したのはライコネンのみであった。

 開始から15分が過ぎると、上位陣も含め多くのマシンがコースインしていった。1分16秒472をマークしたルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップタイムで、そこにバルテリ・ボッタス(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が続く形となった。なお、この中でフェルスタッペンだけがミディアムタイヤを装着してのタイムだった。

 引き続きミディアムタイヤで周回していたフェルスタッペンが、ターン12でスピン。しかしながらすぐに体勢を立て直し、コースに戻っていった。

 開幕から印象的な速さを見せているレーシングポイントのセルジオ・ペレスは1分16秒340をマーク。ボッタスに次ぐ2番手につけた。その後ハミルトンが再びトップタイムを更新してペレスは3番手となったが、その差はわずか0.220秒だ。

 セッション前半を終え、ハミルトン、ボッタス、ペレス、ルクレール、ランス・ストロール(レーシングポイント)というオーダー。ミディアムでタイムを残しているフェルスタッペンは、ハミルトンと約1秒差の6番手だ。

 各チーム1セット目のタイヤでの走行を終えてピットに戻る中、フェラーリは残り20分ごろにいち早く2セット目のソフトタイヤを投入してコースに。ルクレールは1分15秒781でトップタイムを更新し、ベッテルも1分16秒351で5番手につけた。

 それに続いてメルセデスもコースイン。ボッタスが新品のソフトタイヤで1分15秒437をマークしてトップタイムを更新した。ハミルトンはセクター2で全体ベストを記録するも、ボッタスには届かず、1分15秒602で2番手となった。

 そしてフェルスタッペンもついにソフトタイヤを投入しアタックに入るが、1分16秒084で4番手となり、メルセデスの2台とフェラーリのルクレールには及ばなかった。

 ハミルトンは同じタイヤで再度アタックを行ない、1分15秒479にタイムを更新したが、ボッタスにはわずかに及ばなかった。フェルスタッペンも同じく2度目のアタックを行なったが、セクター3でミスがありアタックを諦めてしまった。

 その後、レーシングポイントの2台が新品ソフトでアタック。ペレスがトップと0.161秒差の3番手、ストロールが5番手につけた。その後は目立ったタイム更新はなく、セッションが終了した。

 最速タイムはボッタス。2番手にハミルトンが続き、またもメルセデスのワンツーとなった。3番手のペレスはメルセデス勢とかなり接近したタイムを記録しており、ルクレールが4番手に入ったフェラーリも、開幕2戦ほど苦戦はしていないように見える。

 レッドブル・ホンダはフェルスタッペンが6番手、アレクサンダー・アルボンが12番手に終わった。ただ、フェルスタッペンは最後のアタックでミスがあったため、真のポテンシャルは未知数といったところか。アルファタウリ・ホンダは、ピエール・ガスリーが9番手、ダニール・クビアトが17番手だった。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 18 1'15.437     209.069
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 20 1'15.479 0.042 0.042 208.953
3 Mexico セルジオ ペレス 16 1'15.598 0.161 0.119 208.624
4 Monaco シャルル ルクレール 19 1'15.781 0.344 0.183 208.120
5 Canada ランス ストロール 15 1'16.033 0.596 0.252 207.430
6 Netherlands マックス フェルスタッペン 18 1'16.084 0.647 0.051 207.291
7 United Kingdom ランド ノリス 18 1'16.193 0.756 0.109 206.995
8 Germany セバスチャン ベッテル 18 1'16.351 0.914 0.158 206.567
9 France ピエール ガスリー 20 1'16.453 1.016 0.102 206.291
10 Australia ダニエル リカルド 14 1'16.508 1.071 0.055 206.143

F1ハンガリーFP3速報:メルセデス盤石、ボッタスが首位。フェルスタッペン6番手

前の記事

F1ハンガリーFP3速報:メルセデス盤石、ボッタスが首位。フェルスタッペン6番手

次の記事

【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGPフリー走行3回目ハイライト

【動画】2020年F1第3戦ハンガリーGPフリー走行3回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
サブイベント FP3
執筆者 戎井健一郎