F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
26 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
40 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
55 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
68 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
82 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
89 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
103 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
110 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
124 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
138 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
145 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
159 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
173 days

昨年母国特別ヘルメットを使えなかったクビアト、デザイン変更自由化は「良いニュース」

シェア
コメント
昨年母国特別ヘルメットを使えなかったクビアト、デザイン変更自由化は「良いニュース」
執筆:
協力: 田中 健一
2020/03/31 3:00

今季から自由化された、シーズン中のヘルメットデザイン変更。昨年はレギュレーションに阻まれ、母国仕様の特別ヘルメットを使えなかったアルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは、この規則変更について「良いニュース」と歓迎する。

 F1では昨年まで、各ドライバーは年間1回のみヘルメットデザインを変更することが許されていた。しかし今シーズンからは、自由にヘルメットデザインを変更できることになっている。つまり毎戦異なるデザインのヘルメットを被ってレースを戦うことができるのだ。

 昨年、”1回のみ変更可能”のレギュレーションの影響を受けたのは、トロロッソ(今季からはアルファタウリにチーム名称変更)のダニール・クビアトだった。クビアトは母国ロシアGPに特別カラーリングのヘルメットを持ち込んだが、すでにイタリアGPの際に特別カラーリングのヘルメットを使っていたとして使用を許可されず、当該のヘルメットはガレージ内に飾られるだけとなってしまった。

「そんなに頻繁にカラーリングを変える必要があったとは思わない。年に2回変えられればよかったんだ。それで全部なんだよ(笑)。でも、とにかく良いニュースだとは思う」

 ヘルメットのカラーリングが自由化されることについて尋ねられたクビアトは、そう語った。

「今年も2回特別カラーリングを使うことになるかどうかは分からないけど、僕はレースごとにヘルメットを変更するのは好きじゃない。昨年も言ったように、僕が使いたかったのは、イタリア用とロシア用だけだったんだ。それだけだよ」

 クビアトが昨年のロシアGP用として用意したヘルメットは、シーズン終了後のアブダビテストで使ったという。

「アブダビテストで使ったよ。正直なところ、今年も使うかどうかは分からない。多分同じようなデザインのヘルメットを使うことになると思うけど、少し異なるかもしれない。その時が来れば分かるよ。まだそれについては考えていないんだ」

Read Also:

次の記事
メルセデス、UCLと協力して呼吸補助装置を改良。数年のプロセスを数日に短縮

前の記事

メルセデス、UCLと協力して呼吸補助装置を改良。数年のプロセスを数日に短縮

次の記事

コロナ対応への寄付金募ったノリス、目標達成で“丸坊主”に「さよなら僕の髪の毛!」

コロナ対応への寄付金募ったノリス、目標達成で“丸坊主”に「さよなら僕の髪の毛!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニール クビアト 発売中
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中
執筆者 Erwin Jaeggi