レーシングポイント代表「このチームにとって、ベッテル以上の存在を私は知らない」

セバスチャン・ベッテルを獲得したことを発表したレーシングポイント。同チームは来季からアストンマーチンへと名称を変更させるが、チーム代表のオットマー・サフナウアーは、チームを新たなレベルに引き上げる上で、ベッテル以上の存在は知らないと語った。

レーシングポイント代表「このチームにとって、ベッテル以上の存在を私は知らない」
Listen to this article

 来季からアストンマーチンと名を変え、F1において新たなスタートを切ることになるレーシングポイント。そのチームにビッグネームが加わることになった。セバスチャン・ベッテルである。

 現在フェラーリのドライバーとしてF1を戦うベッテル。今季は思うように走らないマシンのせいもあり苦戦を強いられているが、2010〜2013年の4年連続でドライバーズチャンピオンを獲得した実力の持ち主である。

 アストンマーチンという歴史あるブランドがF1に打って出るにあたっては、これ以上ない後押しとも言うことができるだろう。

「チームの誰もが、このニュースに非常に興奮している」

 レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、プレスリリースにそうコメントを寄せた。

「セバスチャンは、チャンピオンとしての素晴らしい実績の持ち主である。そしてアストンマーチンF1としての我々の将来に向けた野望と一致する、勝つというメンタリティをもたらしてくれるだろう」

「土曜日そして日曜日の午後(つまり予選と決勝)、セバスチャンは世界で最高の存在のひとりだ。私は、我々を新たな時代に連れていってくれる、もっと良いドライバーを思いつくことができなかった」

「彼は、このチームを次のレベルに引き上げる上で、重要な役割を果たすことになるだろう」

 なおチームとベッテルの契約期間は明らかにされていないが、”2021年と、その先”という表現になっているため、複数年であるとみられる。また、来季のベッテルのチームメイトはランス・ストロールが務めることになる。現在レーシングポイントのマシンを走らせるもうひとりのドライバーであるセルジオ・ペレスは、今季限りでチームを離脱することを、9日に発表したばかり。その去就が注目されている。

Read Also:

シェア
コメント
セルジオ・ペレス、今季限りでのレーシングポイント離脱を発表。ベッテル加入が現実味
前の記事

セルジオ・ペレス、今季限りでのレーシングポイント離脱を発表。ベッテル加入が現実味

次の記事

初開催……全てのチームにとって挑戦。ホンダ田辺TD、トスカーナGPに向け意気込み

初開催……全てのチームにとって挑戦。ホンダ田辺TD、トスカーナGPに向け意気込み