F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

優勝の可能性も見えたレッドブル・ホンダ、まさかの全滅……トラブルは電気系の疑い

シェア
コメント
優勝の可能性も見えたレッドブル・ホンダ、まさかの全滅……トラブルは電気系の疑い
執筆:
2020/07/05 21:30

レッドブル・ホンダは、2020年のF1開幕戦オーストリアGPで優勝の可能性も見える走りを見せたが、トラブルにより2台揃ってリタイア。ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターによれば、電気系のトラブルが疑われるが、詳細は現在調査中であるという。

 ようやく開幕した2020年シーズンのF1。しかしその初戦となったオーストリアGPは、ホンダ製のパワーユニット(PU)搭載勢にとって、厳しい結果となった。

 4台のホンダPU搭載マシンのうち、3台がリタイア。しかもレッドブルの2台は、いずれもマシントラブルによるリタイアで全滅……ノーポイントで開幕戦を終えた。

Read Also:

 リタイアに繋がったトラブルの要因。それは現在調査中であるという。

「原因解析を始めたところです。でも来週には、すぐまたここでレースがあるということで、時間的には厳しいですが事態をしっかりと把握して、来週のレースに臨みたいと思います」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、決勝レース後に行なわれたオンライン記者会見でそう語った。

「電気系と思われるトラブルでした。要素がたくさんありますが、調査は(チームと共に)現在進行中です。2台のマシンに出た症状は、まったく違います」

「パワーユニットの交換が必要かどうか、それも含めて確認しています」

 マックス・フェルスタッペンは、レース序盤2番手を走行中にトラブルに見舞われた。多くのマシンがソフトタイヤを履く中、トップ10では唯一ミディアムタイヤを装着してスタート。そして好ペースで走り、好結果が期待される中での突然のトラブル発生……一度ピットインして修復を試みたが、マシンが息を吹き返すことはなかった。田辺TDは説明する。

「電気系は、再起動すると復活する場合があるのでやってみましたが、ダメでした。ステアリングも、今では非常に複雑な構造になっていますので、交換してみました」

 フェルスタッペンのマシンは処置を受け、再スタートを切ったが、数メートル走ったところでストップ。レース続行を諦めた。

「ステアリングを交換し、(システムを)再起動もして、エンジンを再始動しました。しかし、いろいろな電気的なエラーが直っていませんでした」

「これらのトラブルは、冬のテストでも出ていないトラブルでした……」

 なお、新型コロナウイルスの影響もあり、チームはファクトリーには戻らず、今週末も2週連続でレッドブルリンクでのレースに挑む。そのため今回のトラブルも、サーキットでチェックを行なわなければならない部分が多くなる。田辺TDは説明する。

「木曜日の11時まで、エンジンをかけられないと聞いています。その中で確認を進めるのは厳しい部分もありますが、しっかりと原因を明確にして、対策を打つ必要があります。短い時間ですが、頑張ります」

 フェルスタッペンは序盤でリタイアしたものの、チームメイトのアレクサンダー・アルボンは終盤まで走り、しかも戦略がハマったこともあって、メルセデス勢に襲い掛かった。残念ながらルイス・ハミルトンをオーバーテイクしに行った際に接触し、大きく後退することになったが、優勝にも手が届きそうだった。

 今回見えてきた勢力図について、田辺TDは次のように語った。

「予選結果、レースの序盤を見ますと、やはりメルセデス強しという感じだったと思います」

 そう田辺TDは語る。

「でもアルボンのレースでの実力、我々の競争力も把握できたと思っています。ハミルトンを攻めることができたということを考えれば、(上位勢では)ひとりだけソフトタイヤでしたので、あのまま行っていればどうなっていたのか……ということもあります」

「また中団グループで言えば、マクラーレンやレーシングポイントがかなり速くなったと感じています。そんな中で(アルファタウリのピエール)ガスリーがポイントを獲ってくれた……自分たちの実力が見えてきたと思います」

 

Read Also:

【動画】2020年F1開幕戦オーストリアGP決勝ハイライト

前の記事

【動画】2020年F1開幕戦オーストリアGP決勝ハイライト

次の記事

「言葉にできない、本当に嬉しい!」F1初表彰台を獲得のノリス、喜び爆発

「言葉にできない、本当に嬉しい!」F1初表彰台を獲得のノリス、喜び爆発
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
サブイベント Race
チーム レッドブル・ホンダ 発売中 , アルファタウリ・ホンダ 発売中
執筆者 田中 健一