F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

F1参戦2年目のアルボン「今年何戦になるか分からないけど、常に全力を尽くすだけ」

シェア
コメント
F1参戦2年目のアルボン「今年何戦になるか分からないけど、常に全力を尽くすだけ」
2020/07/02 8:53

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、自身にとって2年目のF1シーズン開幕へ向け、チームのプレスリリースに意気込みを語った。

 いよいよ開幕を迎える2020年のF1。レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1で2年目のシーズンを迎えることになる。

 昨年はシーズン途中でチームを移籍したが、今年は初めから、トップチームの一角であるレッドブルのマシンを走らせる。

Read Also:

 しかし今年は今年で新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、開幕が7月にずれ込むという異例のシーズンとなった。そんな中でもアルボンは、しっかりと準備を整えてきたようだ。

「閉鎖期間が解かれ、ファクトリーに戻った最初の日は、学校が再開された初日のように感じられた。レースから離れていたので、それを取り戻すことができて良かった」

 アルボンはチームのプレスリリースにそう語った。ただオーストラリアGPが中止となり、イギリスに戻った直後には、やれることはほとんどなかったと言う。

「イギリスに戻った時、最初にできたことは、状況を確認することだった。チームとしては、今回の状況に対して非常に慎重だったと思う」

「パドックで感染者が出たこともあり、チームとしては安全を第一に考えたから、僕らは全員が隔離されることになった。だからできることはほとんどなく、ただ家にいるだけだった」

「そんな中で最初にしたことは、トレーニング用の機器を手に入れることだった。僕の家には何もなかったから、ファクトリーのスタッフに相談したんだ。そしてフィットネスをするための準備を整えたんだけど、集中力がそれほど保てず、モチベーションを保つのは簡単じゃなかった」

「僕らはアスリートであり、体調を整えるのも僕らの仕事だ。だから、いつでも準備ができているようにしなきゃいけない。でも奇妙な状況だった。7歳の時にレースを初めて以来、これほど長い時間、トレーニングに時間を費やしたことはなかったからね」

 アルボンはシルバーストンで行なわれたフィルミングデーの際にRB16に乗り込み、久々にF1マシンのスピードを体験した。これは、少なからず驚かされることになったという。

「スピード感、マシンに乗っている感覚、コースに到着して完璧なラップをまとめるまでのプロセス、そして限界まで追い込むプロセスなどを失っていた。家にいて、そのスピードを感じられないのは、奇妙なことだった」

「でもフィルミングデーにやったこと、それは『なんてことだ! これはすごく速い!』と感じることだった。それがその日のハイライトだ。そういうところに戻ってこられた、気持ちがいいと思う」

 そしていよいよシーズンがスタートする。このオーストリアGPに向けてどんな想いで挑むのか、アルボンは次のように語った。

「良い感じだ。何が起きるかについては、どんなドライバーにも不確実性は残っている。肩の鈍りを落とすために、フィルミンングデーを走ることができて良かった。でもワクワクしているよ。僕らみんなが、この時を待っていたと思う。僕らみんながレースを愛している。そして久々に戦えるんだ。待ちきれないよ」

 ヨーロッパでの8戦の開催はすでに決まっているものの、結局合計何戦が行なわれるのか、まだ不透明な情勢だ。そんな状況でもアルボンは、1戦1戦全力を尽くすだけだと語る。

「レースを何戦行なうか、どのサーキットでレースをするのか、それで僕らの仕事が変わるわけじゃない。毎週末、最大限の結果を引き出す、それだけだ」

「連戦になることにより、通常の週末とは異なり準備する時間が少なくなる。もちろん、行ったことのないコースもあるが、良いチャンスだと思う。良いチームは常に柔軟に対処できるし、ドライバーと同じように、マシンとコースをできるだけ早く理解しようとしている。それはチームとして、僕らがかなり成功できると、僕が信じている部分だと思う。歴史的に、レッドブルがどう対処してきたかを見てみれば、それは良いはずだ」

 新型コロナウイルスの感染防止のため、2020年の特に序盤戦は、新たな行動様式を遵守することが義務付けられる。これについてアルボンは、次のように語った。

「すでに、かなりよく整理されているように見える。実際にはかなり複雑なことになるだろう。しかし、ファクトリーでスタッフと過ごした経験からすれば、彼らはすでに対処できていると思う。チームが守ろうとしている間隔は素晴らしいモノだ。安全を守るためにはそれが必要だ。僕らは共に、多くの旅をすることになる。そして僕らは、同じソーシャルバブルの中にいる。僕らは常に、何事にも注意を払う必要があるんだ」

 
 

Read Also:

F1アメリカGPの開催可否「答えを迫る必要はない」COTA代表、認識示す

前の記事

F1アメリカGPの開催可否「答えを迫る必要はない」COTA代表、認識示す

次の記事

角田裕毅の最大のライバル。レッドブル育成のダルバラ、2021年のF1シート獲得を目指す

角田裕毅の最大のライバル。レッドブル育成のダルバラ、2021年のF1シート獲得を目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
ドライバー アレクサンダー アルボン
チーム レッドブル・ホンダ 発売中