「僕らはメルセデスに近づけている」フェルスタッペン、初開催アルガルヴェに寄せる期待

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今週末にアルガルヴェ・サーキットで開催されるポルトガルGPに向けた意気込みを、チームのプレスリリースに語った。

「僕らはメルセデスに近づけている」フェルスタッペン、初開催アルガルヴェに寄せる期待

 今週末に開催されるF1ポルトガルGP。同国でF1が開催されるのは、1996年以来14年ぶり。当初は開催が予定されていなかったものの、新型コロナウイルスの影響により今季のF1開催カレンダーが大きく変更されたことに伴い、スケジュール入りを果たした。しかも舞台となるアルガルヴェ・サーキット(ポルティマオ)では、初のF1開催ということになる。

Read Also:

 数人のドライバーは下位カテゴリーのマシンでアルガルヴェを走行した経験があるものの、ほとんどのドライバーにとっては今回が初走行となる。しかしレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今年の始めにGT3マシンで2日間にわたって、このアルガルヴェを走った経験を持つ。

「素晴らしいコースだよ。僕は2日間滞在したんだ。ずっと雨が降っていたけど、ウエットコンディションの中でドライブするのは特に楽しかった」

 チームのプレスリリースにそうコメントを寄せたフェルスタッペンは、次のようにサーキットを解説する。

「高低差がかなりあり、レイアウトもとても素晴らしい。少しテクニカルな部分もあるけど、全体的には高速コースだ。だから、F1マシンで走るのを楽しみにしている」

「僕は新しいコースに行くのが好きだ。それは誰にとっても、いつもとは違う状況になるはずだ。そして、勢力図に影響を及ぼし、興味深いモノにする可能性もある」

 今季メルセデスに唯一太刀打ちすることができているフェルスタッペン。アルガルヴェではさらに接近した戦いを演じられることを、期待しているようだ。

「ニュルブルクリンクでは良い週末を過ごすことができた。マシンの面でも、一歩前進することができたと思う。僕らは、メルセデスに近づけているようだ。これは、非常にポジティブなことだ。そして別の新しいコースにいく……僕らに何ができるのか、それを楽しみにしているよ」

Read Also:

シェア
コメント
「彼がいなければ今のルノーはない」アビテブール代表、チームを成長させたリカルドに感謝

前の記事

「彼がいなければ今のルノーはない」アビテブール代表、チームを成長させたリカルドに感謝

次の記事

F1ポルトガルGP、観客数を大幅削減。政府の新たなコロナ規制により、1日2万7500人に制限

F1ポルトガルGP、観客数を大幅削減。政府の新たなコロナ規制により、1日2万7500人に制限
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ポルトガルGP
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル・ホンダ