F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

チームメイトに予選6連敗のクビアト「別の方向性のセッティングを探らなきゃいけない」

シェア
コメント
チームメイトに予選6連敗のクビアト「別の方向性のセッティングを探らなきゃいけない」
2020/07/19 9:21

アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは、まだマシンを快適に感じることができていないと語り、これまでとは異なるセッティングの方向性を検討する必要があると主張する。

 アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは、F1ハンガリーGPの予選を17番手で終えた。チームメイトのピエール・ガスリーはQ3に進出し、10番手。クビアトとしては、これで6戦連続でチームメイトに予選で敗れることになった。

Read Also:

「FP3の段階から、感触は良くなかった。僕はマシン、タイヤ、そしてその他全てのモノについて、うまく感じとることができなかった。コンディションも少し厳しい状況だったし、とても寒かった。ブダペストとしては、異常なほど寒いよ」

 クビアトは予選終了後にそう語った。

「FP3では、何かがうまく機能していないように感じられた。予選では少し良くなったように感じたけど、マシンの感覚はまだ欠けている部分があった」

「セットアップで、別の方向性を探る必要があるかもしれない。それが、今のこのマシンなんだ。僕とクルマは、今の時点ではしっかりと噛み合っていない。僕がやりたいように、マシンが動いてくれないんだ。だから次のイベントでは、いくつか異なるセットアップ方法を試してみるつもりだ。きっと、自分に合ったモノが見つかると思う」

 深く悩んでいるように感じられるクビアト。しかしこういった事態は初めてではないという。

「これまでにも、何度かこういうことがあったよ。昨年も最初の2〜3レースはこういう状態だった。例えて言うならば、様々なセッティングの方向性がある海を泳ぎ回っている時、あるセッションで突然何かが噛み合い、『分かった! これが良い方向性だ。この方向を続けたい』というような感じだ。そういう噛み合う部分を、今も探しているところだ」

 今季は新型コロナウイルスの影響で、開幕戦が7月にずれ込むなど、変則的なシーズンとなっている。そんな中でセッティングの”答え”を見つけていくのは難しいのではないか? そう尋ねられたクビアトは、次のように語った。

「この前まで同じコースで2週連続開催だった。その後すぐ、僕らはここへやってきた。ただ、状況は完全ではなかったし、レッドブルリンクとハンガロリンクは、特性が大きく異なるサーキットだ。比較するのはとても難しい」

「しかし僕と僕のエンジニアたちは、ふたつのコースの間の傾向を見ている。そして今では、取り組むべきことが分かっているんだ。だから僕は、良い物を手にできるだろうし、良い形になることをかなり確信している。そしてシルバーストンに向けて、様々な方向性があるとも思っている。ドライバーによって、好みもあるからね」

「だから複数の頭脳を集め、解決策を見つけるというのは良いことだ。僕はこのプロセスを楽しんでいる」

Interview by Oleg Karpov

Read Also:

“フレキシブルウイング”の取り締まり、今のままでは不十分? FIAが対策強化を検討

前の記事

“フレキシブルウイング”の取り締まり、今のままでは不十分? FIAが対策強化を検討

次の記事

レッドブル、苦戦の原因はまだ闇の中。フェルスタッペン「セットアップが原因ではない」

レッドブル、苦戦の原因はまだ闇の中。フェルスタッペン「セットアップが原因ではない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
サブイベント QU
ドライバー ダニール クビアト 発売中
チーム アルファタウリ・ホンダ 発売中