F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
18 時間
:
35
:
17
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

気温30度以上……灼熱のコンディションでも問題なく機能。ホンダPUのイギリスGP初日

シェア
コメント
気温30度以上……灼熱のコンディションでも問題なく機能。ホンダPUのイギリスGP初日
2020/08/01 3:41

2020年のF1第4戦イギリスGP初日を終え、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、プレスリリースにコメントを寄せた。

 F1イギリスGPの金曜フリー走行1回目と2回目が行なわれ、FP1ではマックス・フェルスタッペンが首位、FP2ではアレクサンダー・アルボンが2番手に入るなど、ホンダPU勢はまずまずの形で週末の走行を始めた。

Read Also:

 ただ、シルバーストン・サーキットとしては異例の暑さに見舞われたこの日。土曜日以降は気温がグッと下がる予報が出ているため、コンディション、勢力図がガラリと変わる可能性も考えられる。

「今日のイギリスグランプリ初日には、過去3戦で得たデータを基に、パワーユニット(PU)のマネジメントやドライバビリティの改善を行なった上で臨んでいます」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、プレスリリースにそうコメントを寄せた。

「外気温が30℃を超え、暑い中でのセッションになりましたが、PUとしては特に問題なく機能しています。明日以降は気温の低下が予想されていますので、今日入手したデータを参考に気温の変化に合わせたセットアップを準備していきます」

 ただFP2では、アルボンが2番手タイムを記録したものの大きなクラッシュを喫し、赤旗中断の原因となった。パワーユニットへの影響も心配されるところだ。

 これについて田辺TDは次のように語る。

「FP2でのアルボン選手のクラッシュによるPUへの影響については、今晩の作業で状態の確認を行ないます」

Read Also:

アルファタウリ、イギリスGP初日は生産的な1日。クビアトはギヤボックス交換でペナルティ

前の記事

アルファタウリ、イギリスGP初日は生産的な1日。クビアトはギヤボックス交換でペナルティ

次の記事

「難しかった1日だった」地元イギリスGP初日、ハミルトンはマシンバランスに苦戦

「難しかった1日だった」地元イギリスGP初日、ハミルトンはマシンバランスに苦戦
コメントを読み込む