F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

「メルセデスは冬に良い仕事をした」”差が開いた”と認めるフェルスタッペン

シェア
コメント
「メルセデスは冬に良い仕事をした」”差が開いた”と認めるフェルスタッペン
執筆:

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、冬の間にメルセデスとの差が少し開いたと認めるも、可能な限りのチャンスを活かすと語った。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ホンダのパワーユニット(PU)は2019年にはメルセデスに非常に近いところまで迫っていたものの、その後引き離されてしまったと考えている。

 2020年のF1は、スパ・フランコルシャン、モンツァ、ムジェロの3連戦を迎える。パワーの面では今季メルセデスが圧倒している感があり、スパ、モンツァといったパワーが重視される高速サーキットでは、その強さがいかんなく発揮されそうな状況だ。

Read Also:

 ただイタリアGPからは、予選専用のエンジンモードの使用を規制することになる予定。これによって、予選でのチーム間の差が縮まることが期待されている。

 この規制により予選順位が変わるのか? それについて尋ねられたフェルスタッペンは、次のように答えた。

「僕らの視点から見ると、僕らが前進できるようには思えない。でも、うまくいけば少し近付くことはできるかもしれないね。それでも、予選の差はまだ大きすぎる。だから予選モードが違いを生むことはないと思うよ」

 フェルスタッペンはそう語った。そのフェルスタッペンは前述の通り、一時は縮まったホンダPUとメルセデスPUの差が、再び広がってしまっているように感じているようだ。

「メルセデスは少し離れてしまった。去年僕らは、少し近付くことができていたと思う。でも彼らは冬の間に、より多くのパフォーマンスを見つけたのだろう。つまり、僕らもパフォーマンスを見つけたけど、彼らの方がさらに多く見つけたということだ」

 シーズン開幕前には、今季のレッドブルは、メルセデスと激しいタイトル争いを繰り広げるのではないかと見られていた。しかし実際には、ここまでの6戦中5戦でメルセデスが勝利。レッドブルはまだ1勝止まりだ。

「なぜこうなったかって……その理由を説明するのは難しいね。誰もが最善を尽くしている。だから……彼らメルセデスは、とても良い冬を過ごしたということだ。パワーユニットの面でも、多くのパフォーマンスを見つけることができた」

「僕らは少し遅れている。できる限りのことをしようとしているけどね。でももちろん、誰もがそうだ」

「シーズン残りでどんなことが起きるのか、それは見てみることにしよう。そうは言っても、彼らはまだかなり先を行っている。でも僕らは諦めない。それがこのチームのメンタリティだと思う。僕らは常に戦い続け、あらゆるチャンスを活かしたいと思う」

「彼らに太刀打ちできるようになることを信じている。来年はレギュレーションが同じで、マシンを大幅に変更することができない。だから、少し複雑なことになるかもしれないけど、新しいレギュレーションが導入される時は、誰にとってもチャンスになるだろう」

Read Also:

F1ベルギーGP、スパ・フランコルシャンは3ヵ所でトラックリミット違反を監視

前の記事

F1ベルギーGP、スパ・フランコルシャンは3ヵ所でトラックリミット違反を監視

次の記事

F1ベルギーFP1速報:ボッタス首位。フェルスタッペンは僅差の3番手

F1ベルギーFP1速報:ボッタス首位。フェルスタッペンは僅差の3番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Oleg Karpov