F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
16 days
23 10月
次のセッションまで……
30 days
31 10月
次のセッションまで……
38 days

ベッテル&ルクレール、フェラーリF2004にうっとり「すばらしい。良い音だな……」

シェア
コメント
ベッテル&ルクレール、フェラーリF2004にうっとり「すばらしい。良い音だな……」

トスカーナGPでは、ミック・シューマッハーが、父ミハエル・シューマッハーがドライブしたフェラーリF2004のデモ走行を披露した。ベッテルとルクレールの現役フェラーリドライバーふたりは、その走りを羨ましそうに見守った。

 先日ムジェロ・サーキットで行なわれたF1トスカーナGPは、フェラーリにとってF1参戦1000レース目を祝う、記念すべきレースとなった。

【ギャラリー】フェラーリF2004をドライブするミック・シューマッハー(全48枚)

 それを彩るため、決勝レース直前には、フェラーリF2004のデモ走行が披露された。このマシンは、ミハエル・シューマッハーが自身最後7回目のチャンピオンを獲得した時の1台。そしてこの日、デモ走行のステアリングを握ったのは、ミハエルの息子であり、F1昇格を目指してFIA F2で奮闘する、ミック・シューマッハーだった。

 フェラーリのお膝元とも言えるムジェロには、3000cc自然吸気V10エンジンの甲高い音が響き渡った。

 この走行を興味深そうに見ていたのが、現在のフェラーリドライバーであるセバスチャン・ベッテルと、彼のレッドブル時代のチームメイトを務めたマーク・ウェーバーである。

 ウェーバーがベッテルにインタビューしていた時、彼らふたりはこのF2004について、次のように掛け合った。

「僕の大好きなクルマだよ。このマシンとレースしてたよね?」

 そうベッテルが問いかけると、ウェーバーは次のようにブラックジョークで返した。

「僕はマイケル(ミハエルの英語読み)が乗るこのマシンと、一度ぶつかったことがあったと思うよ。彼はあまり満足していなかったようだけどね」

「でもこのマシンを見ると、そのパフォーマンスを思い出す。もちろん、マイケルがトップだった。異例とも言える時期だったよね」

 現在のF1マシンは、最低重量が746kgと規定されている。しかし、2004年当時の最低重量は600kg……今よりも実に140kg以上軽かったのだ。

 ベッテルは次のように語る。

「今のマシンは、とても大きくなっているよね。ダウンフォースは確かに増している。でもこのクルマは、今よりも大幅に軽いんだ。すごい違いがあるよ」

 ベッテルは、歴史的なF1マシンを数台所有していると言われており、最近では1992年のF1チャンピオンマシン”ウイリアムズFW14B”を購入したのではないかと言われている。そのためウェーバーが「彼(シューマッハー)の世代のマシンは持ってる?」と尋ねると、ベッテルは次のように応じた。

「いや、持っていないよ。同じ年のマシンが売りに出されたんだけどね、それは高すぎたんだ」

 ウェーバーは「セブ、買っちゃいなよ!」と焚きつける。するとベッテルは「そうするべきだったね。信じられないほどのクルマだよ」と語った。

 またベッテルのチームメイトであるシャルル・ルクレールも、走行するF2004を興味深そうに見つめた。

「信じられないよ。とても、とても素敵に見える。今のF1マシンと比べると、本当に良い音だよね」

 そうルクレールは語った。

「フェラーリの歴史の一部だ。そしてフェラーリの歴史の、とても特別な一部であり、とても美しい」

「以前、2003年のマシンをドライブするチャンスがあった。2004年のマシンはまだ乗ってないけどね。将来的に、ドライブするチャンスが巡ってくればいいと思っている」

Additional reporting by Adam Cooper

Read Also:

Wシリーズ、F1サーカスに仲間入り? 2021年からF1の”レギュラー”サポートレースになる可能性

前の記事

Wシリーズ、F1サーカスに仲間入り? 2021年からF1の”レギュラー”サポートレースになる可能性

次の記事

クラッシュ続発。その時彼らの口から出た”叫び”とは? F1トスカーナGP:チームラジオ集

クラッシュ続発。その時彼らの口から出た”叫び”とは? F1トスカーナGP:チームラジオ集
コメントを読み込む