ルノーF1がリカルド離脱にコメント「彼との議論は成功しなかった」

ルノーF1が、ダニエル・リカルドがマクラーレン移籍を決めたことについてコメントを発表。契約延長の交渉が「成功しなかった」と明かした。

ルノーF1がリカルド離脱にコメント「彼との議論は成功しなかった」

 ダニエル・リカルドは、今季限りでルノーを離れ、2021年からマクラーレンに加入することを決めた。

 リカルドはレッドブルと離脱し、2019年シーズンからルノーに加入した。しかし最高位4位とランキング9位に終わり、期待通りの1年目を過ごすことができなかった。そのため、カルロス・サインツJr.が抜けることになったマクラーレンへの移籍を決断したものとみられる。マクラーレンは昨シーズン、表彰台を1度獲得するなどコンストラクターズランキング4位となり、復活の兆しを見せている。

 ルノーはリカルドとの契約延長を望んでいたようだが、リリースでは「ダニエル・リカルドとの2020年末以降の契約更新について行なわれた議論は、成功しなかった」と語られている。

 リカルドの離脱決定に伴い、マネージングディレクターのシリル・アビテブールは次のように語った。

「我々のスポーツでは、特に現在の異常な状況の中では、お互いに信頼し、団結し、コミットメントすることは、これまで以上にワークスチームにとって重要なモノとなる」

「2020年シーズンは、我々が共に、さらなることを達成できると確信している。ルノーDPワールドF1チームの野心と戦略は、何も変わっていない」

Read Also:

シェア
コメント
【速報】フェラーリ、カルロス・サインツJr.との契約を正式発表
前の記事

【速報】フェラーリ、カルロス・サインツJr.との契約を正式発表

次の記事

フェラーリ、2021年からサインツJr.の起用を発表。跳ね馬過去50年で最年少のコンビに

フェラーリ、2021年からサインツJr.の起用を発表。跳ね馬過去50年で最年少のコンビに
コメントを読み込む