ガスリー”妥協”した予選で9番手も決勝に自信。前を行くマシンを脅かす存在に?

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1ロシアGPの予選で9番グリッドを獲得。予選では妥協した分、決勝には自信があると語った。

ガスリー”妥協”した予選で9番手も決勝に自信。前を行くマシンを脅かす存在に?

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1ロシアGPの予選を9番手で終えた。

 ロシアGPの予選でホンダPU勢は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンこそ頭ひとつ抜け出したものの、その他3台は非常に僅差だった。その3台の中でガスリーはトップとなるタイムを記録した。

Read Also:

「これについては、かなり満足しなければいけないと言わなければいけない。フリー走行は、いつもよりも少し大変だったからね」

 ガスリーは予選後にそう語った。

「とはいえ金曜日には、かなり強力なレースカーを持っていることがわかった。でも1周では、いつもほどは速くなかったんだ。その結果、いくつか妥協した。予選よりもレースに焦点を当てることに決めたんだ」

「9番手は、予想していたよりも少し良い結果だと言わざるをえない。そんな位置からスタートできること、そしてQ3まで進出できたということに、満足しなければいけないと思う」

 ソフトタイヤでスタートし、1ストップで走り切る自信はあるのか? そう尋ねられたガスリーは、次のように語った。

「デグラデーションの観点から考えると、僕にはよく分からない。でも、まだかなり厳しいと思う。でもバランスの面では、金曜日の段階で、フィーリングが良く、自分に合ったモノを見つけることができたと思う」

「C5(ソフト)は、とても難しいコンパウンドになることは分かっていた。でも燃料をかなり搭載した走行では、僕が試したC5(ソフト)でもC3(ハード)でも、かなり満足いくものだった。それは良いことだ」

「予選に向け、もう少し良い方向にすることができるということは分かっていた。しかし、ペースとデグラデーションという面では、悪影響を及ぼすことになっただろう。だから僕らはいくつか妥協することになった。結局、それでも十分に機能した。トップ10に入れたのは、良い結果だと思う」

「前の方を見ると、ルノーは本当に速い。レーシングポイントやマクラーレンもそうだ。そして僕らも、予選に向けてまともなマシンを見つけることができたと思う。でも決勝では、前のドライバーたちとの差を少しでも埋められることを期待している」

Additional Reporting by Oleg Karpov

Read Also:

シェア
コメント
アルボン、ラティフィがギヤボックスを交換。5グリッド降格ペナルティを受ける
前の記事

アルボン、ラティフィがギヤボックスを交換。5グリッド降格ペナルティを受ける

次の記事

”快適なセットアップ”を捨てたことが、ロシアGP予選でのリカルドの躍進に繋がった?

”快適なセットアップ”を捨てたことが、ロシアGP予選でのリカルドの躍進に繋がった?
コメントを読み込む