F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

サインツJr.、ペレス放出のレーシングポイントに「少し腹立たしい」

シェア
コメント
サインツJr.、ペレス放出のレーシングポイントに「少し腹立たしい」

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、セルジオ・ペレスを今季限りで放出することを決めたレーシングポイントのやり方に憤りを感じていると語った。

 イタリアGPとトスカーナGPの間に、セルジオ・ペレスが今季限りでレーシングポイントF1チームを離れることが発表された。そしてその翌日、後任には現フェラーリのセバスチャン・ベッテルが加わることも明らかになった。

Read Also:

 ペレスは、レーシングポイントにとっては功労者であると言える。同チームの前身であるフォースインディア時代、財政難に陥っていたチームを憂い、破産申請をするように忠告した人物でもある。その結果、チームの人員や設備等を引き継ぐ形で、レーシングポイントが誕生した。そしてこのレーシングポイントは、来季からアストンマーチンとチーム名称を変更することになっている。

 ただ新生レーシングポイントは、そのドライバーにベッテルの起用を決定。そのチームメイトはまだ発表されていないが、チームオーナーのローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールが残るのは間違いないと思われる。

 このペレス放出には、各方面から非難の声も上がっている。現在マクラーレンのドライバーであり、来季はフェラーリに移籍することになっているカルロス・サインツJr.も、そう主張するひとりだ。

「チェコ(ペレスの愛称)の件が示しているのは、パフォーマンスが最重要ではないということだ。純粋なパフォーマンスから判断すれば、彼がレーシングポイントを離れなきゃいけない理由や、チームが彼を望まない理由はないはずだ」

 サインツJr.はそう語った。

「F1では、興味深いことが起きることがある。パフォーマンスは、最も重要なことだと思っている。そして僕にとっては、チェコがチームを離れるのは非常に残念なことだ」

「彼はチームのことを長年信頼していたし、チームを破産から事実上救ったのは、彼だ。そして良いクルマを生み出したのも彼の功績だ。にもかかわらず、今ではチームが、彼と共に歩みたくないと考えるのは、本当に残念なことだ」

 サインツJr.は、今回のレーシングポイントの決断に怒りを感じていると語る。

「彼とは良い関係を築いているし、ドライバーとしても彼のことをとても尊敬している。だから、僕は少し怒っているんだ。ただ、このスポーツにはそういうところがあるということも事実だ、それは、何の利益ももたらさない。でも、それは僕らがプロになるために選択したモノであり、それを受け入れる必要がある」

「彼がモチベーションを保ち、2022年には良いポジションになると思えるようなシートを手に入れられることを願っている」

 サインツJr.も、レッドブルのシートを手に入れられず、他に活躍の場を求めたことがある。それが高じて来季のフェラーリのシートを手に入れられたわけだが、当時の彼は、そのことをかなり不満に思っていたという。

「僕もかなり不確実な瞬間を経験した。それは、コースでのパフォーマンスとは何の関係もない非常に政治的なモノであり、スポーツ性が低く、アスリートがコントロールできるようなモノではなかった」

「誰もそんな状況にはなりたくないよ」

Additional reporting by Sergio Lillo

Read Also:

「警官を逮捕せよ」ハミルトンが表彰台で着たTシャツは“F1の政治利用”にあたる?

前の記事

「警官を逮捕せよ」ハミルトンが表彰台で着たTシャツは“F1の政治利用”にあたる?

次の記事

「欠点は優しすぎることくらい」レッドブル代表、初表彰台アルボンのさらなる飛躍に期待

「欠点は優しすぎることくらい」レッドブル代表、初表彰台アルボンのさらなる飛躍に期待
コメントを読み込む