F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
2 days
14 8月
次のセッションまで……
9 days
28 8月
次のセッションまで……
23 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
30 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
37 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
51 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
65 days
23 10月
次のセッションまで……
79 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
87 days

F1日本GP、2020年シーズンの中止が決定。1987年以来初の国内開催なし

シェア
コメント
F1日本GP、2020年シーズンの中止が決定。1987年以来初の国内開催なし
2020/06/12 8:01

F1は鈴鹿サーキットでの日本GP、アゼルバイジャンGP、シンガポールGPの3戦を、2020年シーズンには開催しないことを発表した。

 F1は6月12日にプレスリリースを発表し、日本GP、アゼルバイジャンGP、シンガポールGPの3レースを、2020年シーズンは開催しないことを明らかにした。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、シーズンの開幕が大幅に遅れていた2020年のF1。しかし先日、7月5日に決勝レースが行なわれるオーストリアGPで開幕する、改訂版の開催カレンダーが発表されていた。

Read Also:

 ただこの時発表されたのは、欧州内で開催される序盤8戦のみ。その後はアジア&南北アメリカ大陸のフライアウェイ戦を開催し、12月には中東に移動してシーズン閉幕を迎えるというプランが示されていた。

 ただ今回F1が発表したプレスリリースによれば、日本GP、アゼルバイジャンGP、シンガポールGPの3レースは、今季開催されないことになった。

 アゼルバイジャンとシンガポールは公道コースでのレースであり、準備に時間がかかる。現在も新型コロナウイルスの感染状況については不明瞭な部分もあるため、そのような状況では、早々に中止を決断せざるを得なかったモノとみられる。

 一方で日本GPは、海外からの渡航制限が依然として厳しい状況にあるため、F1関係者を無事に入国させることができるか、その部分が不透明だったことが理由にあるようだ。また自治体や国の財政的な支援を受けておらず、民間企業が主催する数少ないグランプリでもある。そのため、欧州ラウンドのように無観客でレースを開催するとなれば収入を期待することはできず、費用面で厳しかったということも背景にあるかもしれない。

 なお日本でF1が開催されないのは、鈴鹿で初めてのF1が行なわれた1987年以来初めてのことである(なお2007年と2008年は富士スピードウェイでの開催)。

 残りのスケジュールについては現在も調整が進んでおり、2020年中に合計15〜18戦を開催することを目指しているという。

Read Also:

2021年のF1、ダウンフォース削減のためフロアを縮小……意図しない結果に繋がる可能性?

前の記事

2021年のF1、ダウンフォース削減のためフロアを縮小……意図しない結果に繋がる可能性?

次の記事

鈴鹿サーキット、2020F1日本GP開催中止を発表。渡航に関する規制解除の見通し立たず

鈴鹿サーキット、2020F1日本GP開催中止を発表。渡航に関する規制解除の見通し立たず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 日本GP