F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

ホンダ勢は期待に反して3台がQ2敗退も「レースペースは悪くない」と田辺TD

シェア
コメント
ホンダ勢は期待に反して3台がQ2敗退も「レースペースは悪くない」と田辺TD
2020/08/02 3:18

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、F1イギリスGP予選を終えてプレスリリースにコメント。Q3には1台しか進めなかったが、決勝には期待が持てると語った。

 ホンダ製パワーユニットを搭載するレッドブルとアルファタウリは、F1第4戦イギリスGPで4台揃ってQ2に進出したものの、Q3に進出したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)のみという結果に終わった。ただホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクター(TD)は、彼らのレースペースは悪くないと考えており、決勝に向けた期待を語った。

Read Also:

 今回のグランプリで、ホンダ勢はフリー走行から上々の走りを見せていた。FP1ではフェルスタッペンがトップタイム、FP2ではアレクサンダー・アルボンがクラッシュを喫するも2番手タイムを記録。そしてアルファタウリ勢も安定してトップ10圏内につけるなど、4台Q3進出も夢ではない状況となっていた。

 しかしながら迎えた予選では、Q2でアルボンがアタックをまとめられず12番手。そしてピエール・ガスリー(アウファタウリ)はレーシングポイントのランス・ストロールと同タイムを記録したが、先にタイムを計測したストロールが10番手となり、11番手に終わった。これで14番手に終わったダニール・クビアト(アルファタウリ)と合わせて、ホンダ勢3台がQ2で姿を消すこととなった。

 Q3ではフェルスタッペンが3番手タイムをマーク。圧倒的な速さを見せたメルセデスに次ぐポジションを確保し、今できるベストの仕事をしてみせた。

 結果だけ見れば4台中3台がQ2敗退に終わったホンダ勢だが、11番手のガスリーと12番手のアルボンは、Q3に進出した10台と違って決勝のスタートタイヤを自由に選べるため、アドバンテージがある。田辺TDはその点をポジティブに捉えているようだ。

 なお、予選14番手のクビアトは、ギヤボックス交換によるグリッド降格ペナルティで19番グリッドからスタートする予定だ。

 田辺TDはホンダのプレスリリースに次のようにコメントした。

「今日のイギリスGP予選は、レッドブルのフェルスタッペン選手が唯一Q3に進出しましたが、他の3台はQ2敗退と、我々にとっては厳しい結果となりました」

「フェルスタッペン選手は、メルセデスの2台に続いての3番手からのスタートとなりますので、明日のレースでの良い戦いを期待したいと思います。11番手となったアルファタウリのガスリー選手は、Q2で10番手のストロール選手と同タイムながら、出走順で順位が決まるレギュレーションにより、惜しくもQ3進出を逃しました」

「ガスリー選手および12番手に終わったレッドブルのアルボン選手は、明日のレーススタート時のタイヤを選択できますので、タイヤに厳しいこのサーキットではアドバンテージになると考えています。両チームともにレースペースは悪くないので、4台ともに力強い走りでポジションを上げてフィニッシュできるようチームとともに準備を進めます」

「なお、午前のFP3のスタート直前のエンジン始動時にアルボン選手の車にバッテリーパックの異常を確認したため、その時点でバッテリーの交換を決定しました。地の利を活かして、ミルトンキーンズのファクトリーに戻し、すぐに解析を始めます」

 

Read Also:

ベッテル、トラブル続きの週末も腐らず「あとは良くなっていくだけ」

前の記事

ベッテル、トラブル続きの週末も腐らず「あとは良くなっていくだけ」

次の記事

すべてを引き出せなかった……代役ヒュルケンベルグ認めるも「楽しんでいる」

すべてを引き出せなかった……代役ヒュルケンベルグ認めるも「楽しんでいる」
コメントを読み込む