F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

アルファタウリ、ポジティブな初日に。「予選が雨なら面白くなる」とガスリー

シェア
コメント
アルファタウリ、ポジティブな初日に。「予選が雨なら面白くなる」とガスリー
2020/07/11 5:16

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1シュタイアーマルクGP初日を「ポジティブな1日だった」と総括した。

 開幕戦と同じレッドブルリンクを舞台に行なわれているF1第2戦シュタイアーマルクGP。アルファタウリ・ホンダにとって2回のフリー走行が行なわれた金曜日は、概ねポジティブな1日となったようだ。

Read Also:

 波乱のレースとなった開幕戦オーストリアGPでアルファタウリは、ダニール・クビアトこそリタイアに終わったものの、ピエール・ガスリーが7位でフィニッシュし、幸先の良いスタートを切った。開幕戦では土曜日以降好調な走りを見せていたアルファタウリ勢だが、今回も同じサーキットでのレースとあって、コンスタントに10番手前後に入るなど、まずまずの滑り出しで初日を終えた。

 FP1では8番手、FP2では11番手だったガスリーは、プレスリリースに次のようにコメントした。

「今日1日、ポジティブなフリー走行を行なうことができた。FP1は試すことがとても多く忙しいセッションになったけど、予定していたテストはすべて行なうことができたのではないかと思う」

「先週と違うセットアップを試したところ、マシンへの理解をさらに深めることができ、大きく前進できたと感じている。兎にも角にも、いいレースウィークのスタートを切ることができた。明日の天候が心配だけど、もし雨の中予選が行なわれることになれば、きっと面白い予選になるだろう」

 一方のダニール・クビアトも、FP1で11番手、FP2で12番手タイムを記録した。こちらはマシンの感触が完璧ではないようだが、それほど深刻には捉えていない様子だ。

「明日走行が可能かどうか分からなかったので、今日は多くのことを試し、いつもと違うレースウィークの金曜日になった」

 クビアトはそう語った。

「マシンはあまり良い感触とは言えないけど、改善していける部分は多くあると思う。でも、レースウィーク中に改善していくべき点を見つけることが、通常の金曜日のあり方だ。まずは今日のデータ解析に集中をして、できる限りの準備をする」

 ふたりが言うように、シュタイアーマルクGPの予選日は、雨の可能性が極めて高い。現地時間11日(土)早朝の時点で、オーストリア・シュピールベルクの11日の天気は、1日を通して雨の予報となっている。特に昼にかけては雷雨となる可能性があり、予選がキャンセルとなる可能性もあるが、そうなった場合、予選は日曜午前に順延。日曜午前に開催できない場合は、FP2での順位がそのまま決勝のスターティンググリッドとなる。

 

Read Also:

フェラーリ、アップデートで“別物マシン”に? ベッテル「かなり良くなっている」

前の記事

フェラーリ、アップデートで“別物マシン”に? ベッテル「かなり良くなっている」

次の記事

レーシングポイントはホンモノ? FP1首位のペレス「トップとの差は近い」

レーシングポイントはホンモノ? FP1首位のペレス「トップとの差は近い」
コメントを読み込む