F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
Race まで
06 時間
:
08
:
41
09 10月
次のセッションまで……
11 days
23 10月
次のセッションまで……
25 days
31 10月
次のセッションまで……
33 days

ウイリアムズF1、ラティフィ起用を決定。2020年ドライバーラインアップ揃う

シェア
コメント
ウイリアムズF1、ラティフィ起用を決定。2020年ドライバーラインアップ揃う

ウイリアムズは、2020年のジョージ・ラッセルのチームメイトに、ニコラス・ラティフィを起用することを決定。これによって、2020年シーズンのF1ドライバーラインアップが全て出揃うことになった。

 2019年シーズンの最終戦であるF1アブダビGP開幕を控えた11月28日(木)、ウイリアムズは来季のジョージ・ラッセルのチームメイトとして、ニコラス・ラティフィを起用することを発表した。

 ラティフィはカナダ出身の24歳。2014年にGP2(現FIA F2)デビューを果たすと、2016年からフル参戦を開始。DAMSでの4シーズン目となった今季に才能が開花し、開幕から5レースで3勝してチャンピオン争いに名乗りをあげた。チャンピオンこそニック・デ・フリーズに奪われてしまったものの、ラティフィは最終ヤス・マリーナラウンドを残した段階でランキング2番手につけている。

 また彼は今季、ウイリアムズのリザーブドライバーとして、フリー走行1回目に6度出走。現行のF1マシンで十分な経験を積んでいた。

 ラティフィは、チームの公式サイトに次のように意気込みを語った。

「2020年のレースドライバーとして、F1へステップアップすることにワクワクしている。僕は今年、チームと協力してトラックサイドやファクトリーでマシン開発をサポートしてきた」

「チームと共に前進することを楽しみにしているし、2020年のオーストラリアGPでF1デビューを果たすということに興奮している」

 ウイリアムズのチーム副代表を務めるクレア・ウイリアムズは、すでにラティフィがチームから高い評価を受けていると明かした。

「ニコラスが、2020年にジョージのパートナーとしてレースドライバーにステップアップすることを発表できて嬉しく思います」

「ウイリアムズのメンバー全員が、彼が今季のFIA F2で成し遂げたことやチームへの献身、舞台裏での仕事に大きな感銘を受けています。ニコラスはすでにチーム内で立場を確立し、尊敬を集めるメンバーとなっています」

「私たちは彼が新しい役割にステップアップするのを楽しみにしていますし、チームが中団争いに戻ることを期待しています」

Read Also:

ホンダF1、2021年のF1参戦継続を発表。レッドブル&トロロッソと契約延長

前の記事

ホンダF1、2021年のF1参戦継続を発表。レッドブル&トロロッソと契約延長

次の記事

砂漠の中のトワイライト戦。有終の美を飾るのは?:F1アブダビGP見どころ&DAZN配信スケジュール

砂漠の中のトワイライト戦。有終の美を飾るのは?:F1アブダビGP見どころ&DAZN配信スケジュール
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1