アルファタウリ代表、角田裕毅の進歩に満足「新人ドライバーが慣れるには3年かかる……今のF1は複雑なんだ」

今季F1デビューした角田裕毅について、アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、その進歩に満足しており、新人ドライバーがF1に完全に慣れるには「3年かかる」と語った。

アルファタウリ代表、角田裕毅の進歩に満足「新人ドライバーが慣れるには3年かかる……今のF1は複雑なんだ」

 アルファタウリ・ホンダのフランツ・トスト代表は、今季デビューした角田裕毅について「絶対に正しい方向」に進んでいるが、完全に慣れるまでには3年必要だと語った。

 今季F1デビューを果たした角田は、開幕戦バーレーンGPで予選から速さを発揮。チームが予選Q2でミディアムタイヤを使うという戦略を採ったこともありQ3に進出することはできなかったが、決勝では堅実な追い上げを見せて9位入賞を果たした。

 しかしその後、エミリア・ロマーニャGPでは予選Q1最初のアタックでクラッシュし、確実と思われていた予選Q3を逃したり、さらにオーストリアGPでは決勝レースで2度ピットレーン入り口の白線を踏んでしまったりと、ミスが相次いでいるようにも見える。

 結果としてチームメイトのピエール・ガスリーが第9戦目を終えた時点で39ポイントを獲得しているのに対し、角田の獲得ポイントは9に留まっている。

 しかしトスト代表は、角田は「正しい方向に進歩している」と、オーストリアGPの際に語った。

「ユウキは本当に良く成長していて、そのプロセスは完全に正しい方向に向いている」

「ルーキーが最初から全てを知っているわけじゃない。若いドライバーがこの複雑なF1を理解するのには、3年かかる。これは、いつも言っていることだ。なぜならF1は、以前と比べてはるかに複雑になっているんだ」

「ユウキは素晴らしい天性のスピードを発揮しているし、セッションごとに改善していっている。シーズン後半は非常に素晴らしいモノになるだろうし、ユウキが将来的に成功するだろうと、楽観視している」

 トスト代表は、F1に慣れるのは非常に難しいことであると重ねて強調した。

「若いドライバーにとって、F1に参戦するのはとても難しいことだ」

 そうトスト代表は語った。

「彼らは毎週末、全てのサーキットで、初めて予選を戦うからだ。確かに彼らは、FP1からFP3までを走ったということも言えるかもしれない。しかし、風が強くなっているか、風向きがどうか、そして路面温度がどうか……絶えず変わっているんだ」

「そしてパワーユニットは、ただパワーを与えてくれるだけではない。MGU-Kなどがあるから、ブレーキング時にも助けになっている。新人ドライバーは、これも学ばなきゃいけない」

「しかも、全てのコースで同じ使い方をするわけではない。コースごとに、パワーユニットの使い方は異なる。そして、色々なタイプのコーナーがある……非常に多くのことが常に変化しているんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン委員会、多様性向上目指し黒人の雇用促進などを提言。F1側も「早急にアクションを起こす」と支持
前の記事

ハミルトン委員会、多様性向上目指し黒人の雇用促進などを提言。F1側も「早急にアクションを起こす」と支持

次の記事

メルセデス加入が噂されるラッセル、イギリスGPでの発表はナシと本人談

メルセデス加入が噂されるラッセル、イギリスGPでの発表はナシと本人談
コメントを読み込む