アロンソ、アルピーヌF1新車発表に際しコメント「チームとして、昨年よりさらに前進したい」

フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1の新車”A521”の発表会には欠席したものの、文章でコメントを発表。2018年以来となるF1復帰に向けた意気込みを語った。

アロンソ、アルピーヌF1新車発表に際しコメント「チームとして、昨年よりさらに前進したい」

 今季アルピーヌのドライバーとしてF1に復帰するフェルナンド・アロンソが、チームのニューマシンA521の公開に際してコメントを発表。久々のF1ながら、モチベーションに満ち溢れていると語った。

Read Also:

 アロンソは今季、エステバン・オコンとコンビを組み、アルピーヌA521を走らせることになる。しかし自転車でのトレーニング中に事故に遭い、怪我を追ってしまったため、3月2日にオンラインで行なわれたA521の発表会を欠席。ただ文章でコメントを発表し、2021年には、チームとして2020年以上の結果を残すために寄与したいと語った。

「2年間F1から離れていて、そして戻ってくることができて嬉しい。アルピーヌと共に、この新しい時代を迎えるのは、非常にモチベーションを感じている。そしてもちろん、以前多くのことを成し遂げたチームに戻ってくるのは、特別なことだ。エンストンとヴィリ-シャティヨンのファクトリーの精神はとても力強く、僕らは今後のことをとても楽しみにしている」

 アロンソはアルピーヌの前身であるルノーF1チームで、2005年と2006年にF1王者に輝いている。今回の復帰は、その古巣に戻るということを意味するわけだ。アロンソは続ける。

「今年の目標はもちろん、チームが昨年成し遂げたことをベースに、力強い1年を過ごすことだ。2020年からは、引き継ぐべき多くのポジティブな点がある。そしてチームは、非常に競争の激しい選手権を戦い抜き、ランキング3位にすら近づいていた。もちろん、3回の表彰台を獲得したことは前年からの大きな一歩だったけど、今年はその勢いを強化し、さらに改善しなきゃいけない」

「来シーズンからはレギュレーションが大きく変更されるけど、2021年に力強い1年を戦うことは非常に重要だ。全てのチームが、このことに既に注目している」

 A521については、開幕戦の予選までそのパフォーマンスは分からないとしながらも、力強い1年になることを確信しているとアロンソは語る。

「エンストンとヴィリとは、絶えずコミュニケーションを取り続けてきた。どちらのファクトリーもとても賑わっており、マシンがコース上を走るのを心待ちにしている」

「バーレーンでの予選が終わるまで、僕らのクルマが他のクルマと比較してどんなポジションにいるのか分からないが、昨年のパフォーマンスから考えれば、力強い1年を迎えることができると確信している」

「エステバンとレースをすることについても楽しみにしている。彼とは、2018年に少し戦った。彼は昨年良い1年を過ごし、サクヒールGPでは最初の表彰台を獲得した。僕もそのレースには帯同していて、チーム全体が喜ぶのを見るのは特別だった」

「僕らはどちらも、とてもモチベーションに満ちている。チームが目標を達成するのを助けるために、強力なパートナーになれると思うよ」

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスF1、新車W12の開発トークン使用エリアは”秘密”「そのうち分かるだろう」

前の記事

メルセデスF1、新車W12の開発トークン使用エリアは”秘密”「そのうち分かるだろう」

次の記事

メルセデスPU、発生した問題は解決済み? 革新的アイデア導入でさらに競争力アップ

メルセデスPU、発生した問題は解決済み? 革新的アイデア導入でさらに競争力アップ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム ルノーF1チーム , Alpine