F1アゼルバイジャンFP2:ペレス首位でレッドブル・ホンダがワンツー。角田10番手、メルセデスは下位に

F1アゼルバイジャンGPのフリー走行2回目では、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスがトップタイムを記録した。角田裕毅は10番手だった。

F1アゼルバイジャンFP2:ペレス首位でレッドブル・ホンダがワンツー。角田10番手、メルセデスは下位に

 F1第6戦アゼルバイジャンGPのフリー走行2回目がバクー市街地コースで行なわれた。トップタイムを記録したのはセルジオ・ペレス(レッドブル)で、タイムは1分42秒115だった。

 気温28℃、路面温度49℃というコンディションでスタートしたFP2は、大半がまずミディアムタイヤを履いて走行を開始。13分が経過したところでニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)がターン15でマシンストップして赤旗が掲示されると、再開後は各車新品ソフトタイヤに履き替えて予選アタックを行なった。

 終盤は中古タイヤでのロングランにプログラムを切り替えていったが、ハードブレーキングが求められるターン1やターン15を中心にオーバーシュートをするドライバーが多く、セッションを通して頻繁にイエローフラッグが振られた。

 このセッションでトップタイムを記録したのはペレス。1分42秒115をマークし、前戦モナコGPのFP1以来となるセッション一番時計を記録した。2番手には0.101秒差でマックス・フェルスタッペンが続き、レッドブル・ホンダのワンツーとなった。

 3、4番手はモナコに続き好調を維持しているフェラーリ勢。ミディアムタイヤを履いた序盤、ソフトタイヤを履いた中盤共に好タイムを記録した。4番手タイムのシャルル・ルクレールは予選想定アタックの際にセクター1で全体ベストタイムをマークしながらも、セクター2のターン15でバリアに突っ込んでしまった。ただフロントウイングを壊した以外は大きなダメージがなかったようで、自走でピットガレージに戻ることができ、終盤はミディアムタイヤで周回を重ねた。

 5番手はピエール・ガスリー(アルファタウリ)で、6番手フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、7番手アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)までが1分42秒台のタイムを記録。角田裕毅(アルファタウリ)は1分43秒130というベストタイムで10番手だった。

 気になるのはメルセデス勢だ。ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタス共にソフトタイヤを履いてのアタックではタイムが伸びず、それぞれ11番手、16番手に沈んでいる。ただハミルトンが終盤ミディアムタイヤで行なったロングランのペースは、ソフトタイヤを履くレッドブルのふたりに次ぐ速さであったことを考えると、この順位を額面通りに受け取る訳にはいかないだろう。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Mexico セルジオ ペレス 22 1'42.115     211.631
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 23 1'42.216 0.101 0.101 211.422
3 Spain カルロス サインツ Jr. 24 1'42.243 0.128 0.027 211.367
4 Monaco シャルル ルクレール 22 1'42.436 0.321 0.193 210.968
5 France ピエール ガスリー 26 1'42.534 0.419 0.098 210.767
6 Spain フェルナンド アロンソ 24 1'42.693 0.578 0.159 210.440
7 Italy アントニオ ジョビナッツィ 25 1'42.941 0.826 0.248 209.933
8 United Kingdom ランド ノリス 24 1'43.018 0.903 0.077 209.776
9 France エステバン オコン 23 1'43.020 0.905 0.002 209.772
10 Japan 角田 裕毅 25 1'43.130 1.015 0.110 209.549
シェア
コメント
【F1動画】第6戦アゼルバイジャンGPフリー走行2回目ハイライト

前の記事

【F1動画】第6戦アゼルバイジャンGPフリー走行2回目ハイライト

次の記事

2021年のF1シンガポールGP、開催中止へ。代替レース開催を検討中も前途多難

2021年のF1シンガポールGP、開催中止へ。代替レース開催を検討中も前途多難
コメントを読み込む