角田裕毅「Q3進出の可能性もあったが……内容には満足」赤旗影響しQ2敗退も、着実な進歩に手応え

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はF1オランダGP予選でQ2敗退の15番手となった。彼は赤旗によるアタック不発もありQ3へは進出できなかったものの、進歩には満足していると語った。

角田裕毅「Q3進出の可能性もあったが……内容には満足」赤旗影響しQ2敗退も、着実な進歩に手応え

 ザントフールト・サーキットで36年ぶりに開催されているF1オランダGP。その予選は赤旗中断が度々発生するものとなった。

 アルファタウリの角田裕毅は予選Q1を突破したものの、Q2終盤のアタック時に発生した赤旗によってセッションが打ち切られると、タイム更新ができず、Q2を敗退。決勝は15番手から挑むこととなった。

 角田はオランダGP予選の結果については、赤旗で最終アタックが行なえなかったことは不運だったと語りつつも、週末を通じた進歩には満足しているとコメントした。

「今週末重ねてきた進歩には満足していますし、徐々にラップタイムを上げていくというアプローチが上手くいっていました」

 そう角田はチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「ここはドライビングが本当に面白いですし、予選セッションも楽しめて、マシンにも自信があったので、Q2へ進めてよかったです」

「その後、赤旗で新品タイヤでの最終アタックができなかったのは不運でしたが、しょうがないことです。ペースは明らかによくQ3へ進める可能性もあったので予選については複雑な気持ちもありますが、今日の内容については満足しています」

 

Read Also:

シェア
コメント
セルジオ・ペレス、痛恨の予選Q1敗退「僕らはいくつかの判断を誤った」
前の記事

セルジオ・ペレス、痛恨の予選Q1敗退「僕らはいくつかの判断を誤った」

次の記事

フェルスタッペン初の母国レースでPP獲得「最高の気分……明日は簡単なレースにはならないだろうけどね」

フェルスタッペン初の母国レースでPP獲得「最高の気分……明日は簡単なレースにはならないだろうけどね」
コメントを読み込む