ホンダF1、2021年エンジンサウンドが明らかに。アルファタウリがマシン始動音声公開

アルファタウリが、2021年シーズンを戦うニューマシン『AT02』を初始動した際の音声を公開した。

ホンダF1、2021年エンジンサウンドが明らかに。アルファタウリがマシン始動音声公開

 アルファタウリは、SNSで2021年マシン”AT02”初始動時の音声を公開。今季のホンダ製F1パワーユニットのサウンドが明らかになった。

Read Also:

 2月19日に2021年用ニューマシンAT02を公開する予定のアルファタウリ。同チームは、SNS上でその新車を初始動した際の音声を公開した。

 アルファタウリは今季も、ホンダ製パワーユニットを搭載。つまりこの音は、ホンダの新しいF1エンジンサウンドだということになる。

 公開された音声には、エンジン音の他、初始動が成功し拍手が沸き起こる様子も収められている。

 ホンダは今シーズン限りでF1活動を終了させる予定。そのシーズンに向けて新設計のパワーユニットを投入するとしており、そのパフォーマンスに大きな注目が集まっている。また、アルファタウリからは角田裕毅が今季F1デビューを果たす予定だ。

Read Also:

シェア
コメント
マクラーレン、2021年マシン『MCL35M』を発表。メルセデスPU搭載は吉か凶か

前の記事

マクラーレン、2021年マシン『MCL35M』を発表。メルセデスPU搭載は吉か凶か

次の記事

マクラーレンMCL35M開発責任者「レギュレーション変更を最大限活かすべく努力した」

マクラーレンMCL35M開発責任者「レギュレーション変更を最大限活かすべく努力した」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ピエール ガスリー , 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ