F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

F1開幕記念。ホンダ・ウエルカムプラザ青山で、歴代F1マシン4台を展示するイベントがスタート

ホンダは、ウエルカムプラザ青山で、F1マシン4台を展示するイベントを、2021年のF1開幕を記念して3月23日(火)から実施することを発表した。

F1開幕記念。ホンダ・ウエルカムプラザ青山で、歴代F1マシン4台を展示するイベントがスタート

 ホンダは、2021年のF1開幕を記念して、東京・青山のホンダ・ウエルカムプラザ青山でF1マシン4台を展示することを明らかにした。

Read Also:

 今週末に開幕を迎える2021年のF1。ホンダのF1活動最終年、そして角田裕毅のF1デビューということもあり、例年以上に大きな注目を集めている。

 ホンダはそんなシーズンの開幕を前に、F1マシンの展示イベントを、ウエルカムプラザ青山で3月23日から開始。4月19日まで、歴代のホンダF1マシンを間近で見ることができる。

 展示されるのは、ホンダRA300、ロータス99T、ホンダRA106、レッドブル・ホンダの2021年カラーモデルだ。

 RA300は、1967年のF1を戦ったマシン。ローラと車体を共同開発し、リヤエンドには自然吸気V12エンジンを搭載している。そしてデビュー戦となったイタリアGPでジョン・サーティースがいきなり優勝。これが、ホンダのF1での2勝目ということになった。

 ロータス99Tは1987年シーズンに登場。アイルトン・セナと中嶋悟がドライブし、セナが2勝を挙げた。

 ホンダRA106は、ホンダがBARを買収した後、2006年用のマシンだ。このマシンはジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロがドライブ。難しいコンディションとなったハンガリーGPでは、バトンが自身初優勝を挙げた。これはホンダF1チームとしては、1967年のRA300での勝利以来、3勝目ということになった。

 そしてもう1台のレッドブルは、今季マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがドライブするRB16Bのカラーリングが再現されている。

 またこれらF1マシンと並び、1988年用のホンダV6ターボエンジン”RA168E”及び2006年の自然吸気V8エンジン”RA806E”も展示される。

 なおホンダのウエルカムプラザ青山は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために1月11日から休館していたが、このF1マシン展示が始まる3月23日から営業を再開。併設されているMILES Honda CafeとShopの営業も再開されることになる。

 

Read Also:

シェア
コメント
ペレス、レッドブルに完全に馴染むには”5レース必要”?「シーズン序盤は我慢がいる」

前の記事

ペレス、レッドブルに完全に馴染むには”5レース必要”?「シーズン序盤は我慢がいる」

次の記事

マクラーレンF1移籍のリカルド、伝家の宝刀”ブレーキング”はまだ調整必要?

マクラーレンF1移籍のリカルド、伝家の宝刀”ブレーキング”はまだ調整必要?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1