角田裕毅、F1オランダGP初日午前はPUトラブルに見舞われるも「マシンには自信が持てている」

角田裕毅は、F1オランダGPのFP1でパワーユニットのトラブルに見舞われてしまったものの、FP2では満足のいくラップが刻めたようだ。

角田裕毅、F1オランダGP初日午前はPUトラブルに見舞われるも「マシンには自信が持てている」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1オランダGPのFP1を20番手、FP2を13番手で終えた。

 角田にとって、オランダGP初日は試練のスタートとなった。FP1では開始直後にターン10を低速で回り込む際にスピン。その後ピットに戻った角田だったが、カウルが外されて作業が行なわれた結果、コースに戻ることはなくノータイムに終わった。曰く、パワーユニット(PU)にトラブルが発生していたという。

「午前はいくつか空力コンポーネントをテストしましたが、PUにちょっとした問題が発生して、調査のために走行を切り上げざるを得ませんでした」

 角田はプレスリリースにそう語った。

「走行できなかった時間は他のマシンのオンボード映像をたくさん見て、午後のセッションまでにできるだけ多くを学ぶようにしました」

 その後迎えたFP2も赤旗などで十分な走行時間を得られないセッションとなったが、角田はソフトタイヤを履いて1分12秒096をマーク。13番手でFP2を終えた。角田としては、ある程度満足感のあるラップが刻めたようだ。

「FP2では初めてプッシュしたラップができましたが、ここはランオフエリアが狭いので、最初は気負わずに入りました。最終的にはかなり満足のいくラップができるようになり、まだ今夜取り組むべき課題はあるものの、マシンには自信が持てています」

「チームにとってもこうしたデータは重要なので、明日の予選に向けた準備も整うはずです。レースでのオーバーテイクは難しくなるので、予選がとても大事になると思います。明日は全力を尽くしたいです」

 

Read Also:

シェア
コメント
ホンダF1田辺TD「最低限のメニュー実施しデータを収集。ファンの声援に応えたい」
前の記事

ホンダF1田辺TD「最低限のメニュー実施しデータを収集。ファンの声援に応えたい」

次の記事

もはや既定路線? ハミルトン、ラッセルがチームメイトでもメルセデス内の覇権争いはなし「ひとりではタイトルを争えない」

もはや既定路線? ハミルトン、ラッセルがチームメイトでもメルセデス内の覇権争いはなし「ひとりではタイトルを争えない」
コメントを読み込む