F1ポルトガルGP予選:ボッタスがハミルトンを僅差で下しPP。フェルスタッペンはタイム抹消に泣く

F1第3戦ポルトガルGPの予選が行なわれ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがチームメイトのルイス・ハミルトンを僅差で抑えてポールポジションを獲得した。角田裕毅はQ2敗退に終わり、14番手となった。

F1ポルトガルGP予選:ボッタスがハミルトンを僅差で下しPP。フェルスタッペンはタイム抹消に泣く

 F1第3戦ポルトガルGPの公式予選がアルガルヴェ・サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのはバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、メルセデスのフロントロウ独占となった。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が1勝ずつを獲得して迎えた今回のポルトガルGP。予選Q1は気温18℃、路面温度38℃というコンディションでスタートした。セッション序盤はレッドブル、メルセデス、そしてフリー走行から好調なアルピーヌを除く7チーム14台がコースインしてタイムを計測していった。

 その後全車がひと通りアタックを終え、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップでセッション終盤を迎えた。一時はランド・ノリス(マクラーレン)が1分18秒794で首位に立つが、ボッタスが1分18秒722でそれを塗り替えてトップでQ1を終えた。2番手以下はノリス、ハミルトン、エステバン・オコン(アルピーヌ)と続いた。

 角田裕毅(アルファタウリ)は1セット目のタイヤでのタイムが伸びず、Q1敗退圏内の16番手で終盤を迎えることとなった。しかしラストアタックをうまくまとめ、1分19秒684で11番手にジャンプアップ。最終的に12番手でQ1を通過した。敗退となったのは16番手から順にダニエル・リカルド(マクラーレン)、ランス・ストロール(アストンマーチン)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、ミック・シューマッハー(ハース)、ニキータ・マゼピン(ハース)の5台。ただ、5番手のカルロス・サインツJr.(フェラーリ)から17番手のストロールまで0.604秒差という相変わらずの接戦であった。

 14分間のQ2では、決勝のファーストスティントで硬めのタイヤを履きたいという各チームの思惑もあってか、半数以上のドライバーがまずミディアムタイヤでコースに出ていった。セッション前半のアタックでは、ハミルトンがミディアムで1分17秒968というタイムをマークし、2番手ボッタスに0.490秒の差をつけてみせた。フェルスタッペンはハミルトンから0.682秒差の5番手、角田は12番手でラスト3分のアタック合戦に突入した。

 ミディアムタイヤで既に好タイムをマークしている上位陣は、これを決勝のスタートタイヤとするために、終盤はガレージで過ごすか、ソフトでコースインして様子見するに留まった。Q3をかけた争いに目を向けると、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が10番手でギリギリQ3進出。ウイリアムズのジョージ・ラッセルはそのガスリーにわずか0.057秒届かず11番手に終わり、惜しくもQ3進出を逃した。

 角田はラストアタックのセクター2でタイムが伸びずベストタイムは1分19秒463にとどまり、最終的に14番手でQ2敗退となってしまった。Q2落ちはラッセル、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、角田、キミ・ライコネン(アルファロメオ)となった。

 ポールポジションを決するQ3では、フェルスタッペンが1回目のアタックで1分18秒209というタイムをマーク。しかしターン4でトラックリミットを逸脱したとしてこのタイムは抹消されてしまった。その後メルセデス勢はボッタスが1分18秒348でトップ、ハミルトンがわずか0.007秒遅れの1分18秒355で2番手につけた。

 ラストアタックではメルセデスの2台がミディアムタイヤでコースインするという作戦に出たが、タイム更新ならず。そしてフェルスタッペンの2度目のアタックは1分18秒746と振るわず3番手に終わり、メルセデスのフロントロウ独占が決まった。フェルスタッペンの1度目のタイムが有効となっていれば彼がポールポジションだっただけに、悔やまれるトラックリミット違反となった。

 4番手はペレスで、レッドブルが2列目に揃った。5番手はサインツJr.、6番手は好調アルピーヌのオコン、以下ノリス、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ガスリーと続き、久々のQ3進出となったセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)が10番手だった。

 

Read Also:

順位 ドライバー タイム 平均速度
1 Finland バルテリ ボッタス 1'18.348   213.799
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 1'18.355 0.007 213.780
3 Netherlands マックス フェルスタッペン 1'18.746 0.398 212.719
シェア
コメント
ボッタス、タイヤの”弱点克服”がポールポジションの鍵に「良い予選ができたのは久々」

前の記事

ボッタス、タイヤの”弱点克服”がポールポジションの鍵に「良い予選ができたのは久々」

次の記事

マクラーレンCEO「レッドブルの自社パワーユニット開発は非常に勇敢」と評価

マクラーレンCEO「レッドブルの自社パワーユニット開発は非常に勇敢」と評価
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ポルトガルGP
執筆者 戎井健一郎