F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

ピエール・ガスリー「戦う準備ができた」 アルファタウリ、好調なテストを活かせるか?

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、シーズン開幕を前にチームのプレスリリースにコメントを寄せ、新たに角田裕毅をチームメイトに迎える新シーズンへの期待感を語った。

ピエール・ガスリー「戦う準備ができた」 アルファタウリ、好調なテストを活かせるか?

 2021年のF1シーズン開幕を前に、ピエール・ガスリーがアルファタウリ・ホンダのプレスリリースにコメントを寄せ、今シーズンへの期待を語った。

Read Also:

「レースをするのが待ちきれないよ!」

 ガスリーは開口一番そう語った。

「数日前に3日間だけのテストを走り、その同じコースでシーズンをスタートさせるのは初めてだ。フリー走行が追加されたようなモノだよ。つまりサクヒールのコースで何が必要なのか、それについての良いアイデアがあることを意味する」

「テストで目指したモノ、それはシーズン中に最大限活用すべく、僕らの新しいマシン……特に新しい空力パッケージを理解することだった。そしてそのテストは、僕がこのチームに参加して以来、最高のプレシーズンテストだったと思う」

「僕らはテストで、他のどのチームよりも多くの周回を行なうことができ、本当に生産的だった。しかし全チームを見ても、F1が手にしたパフォーマンスと信頼性のレベルは、誰もが問題を抱えるのが普通だったほんの数年前のテストと比較すると、とても印象的だった。技術面では、多くの進歩があったんだと思う」

 ガスリーは、アルファタウリはテストで非常にポジティブだったと語り、開幕戦にもその勢いが続くことを願っていると語る。

「僕らには、技術的もしくは機械的な心配が一切なかった。これはとても励みになる。最初の数周で、すでにマシンは良い感じだった。そしてテストでは、多くのポジティブなことがあった。それ以降、チームの全員が開幕戦の準備のため、懸命に取り組んできた。今週末にはそれが報われることを願っている」

 とはいえガスリーは、今季導入された新しいレギュレーションにより、グリップは少なくなったという。

「新しいテクニカルレギュレーションの効果について言えば、僕らが感じたのはグリップ力が少し少ないということだ。マシンの扱い方や動きには、それほど違いはない。去年経験したのとかなり似ていると思う。ある部分では少し悪くなり、ある部分では少し良くなっている……そういうことはあるけどね。全体的なバランスも似ているけど、グリップ力は減っているから、コーナリングスピードが遅くなる。でも、大きな違いじゃない」

「でもそれとは別に、最初にマシンをテストした際、すぐに機能するベースラインを手にすることができた。いくつかのコーナーでの微調整も行なうことができたが、今は風洞施設で働くエンジニアが、シーズンを通じてより多くのダウンフォースを見つけるべく、努力を続けている」

「しかしシーズンをスタートするには良い基準を手にすることができた。マシンはセッティングの変更にも、よく反応してくれる。これは良い兆候だ」

「テストではあまり攻めて走らなかったので、パワーユニット(PU)の改善を正確に把握するのは難しい。しかし、ホンダがどんなことをしてきたのかは分かっているし、テストの3日間でPUの問題に煩わされることがなかったのは、とても心強かった。そして多くの周回を重ねることができた。レースでもっとプッシュすれば、より理解が深まるだろう」

 ガスリーは、新たなチームメイトである角田裕毅と共に、シーズンを戦う準備が整っていると改めて語った。

「チームの観点から言えば、パフォーマンスを発揮できるふたりのドライバーが揃っていることが重要だ。ユウキはテストで良い仕事をし、たくさんの周回をこなした。これは良い兆候だ。彼はミスすることなく、求められた全ての仕事を完了した。僕らふたりは、シーズンに挑む準備ができていると思うよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
【訃報】元F1ドライバー、ジョニー・ダンフリーズ亡くなる。享年62歳

前の記事

【訃報】元F1ドライバー、ジョニー・ダンフリーズ亡くなる。享年62歳

次の記事

次なるハミルトンを探せ!? マクラーレン、13歳のカート王者ウゴチュクと契約締結

次なるハミルトンを探せ!? マクラーレン、13歳のカート王者ウゴチュクと契約締結
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
ドライバー ピエール ガスリー , 角田 裕毅
チーム アルファタウリ・ホンダ