F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

予選5番手ガスリー、失望のリタイア。アルファタウリ代表「彼は運が悪かっただけだ」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、予選5番手と好位置からスタートしながら、他車との接触によりリタイアに終わった。これについてチームのフランツ・トスト代表は「運が悪かっただけ」だと語った。

予選5番手ガスリー、失望のリタイア。アルファタウリ代表「彼は運が悪かっただけだ」

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、2021年のF1開幕戦バーレーンGPをリタイアという結果で終えた。

Read Also:

 ガスリーは初日のフリー走行から速さを発揮。予選でも勢いそのままに、5番グリッドを獲得してみせた。しかも予選Q2をミディアムタイヤで突破するという、あたかもトップチームのような戦略を成功させた上での5番グリッド。その速さと、チームが持つ自信を示した形となった。

 しかしレースではうまくいかなかった。最初のスタートこそ5番手をキープしたが、セーフティカー明けの再スタート時にマクラーレンのダニエル・リカルドに抜かれ、さらにその後の攻防でフロントウイングを破損。これでピットに戻らざるを得ず、ここで勝負権を失うことになった。

「バーレーンにやってきてから、非常に力強い週末を過ごしていた。だからこの結果には、とても失望している」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「今日は5番手から、良いポイントを獲得することを期待していた。でも、(セーフティカー明け)1周目にダニエルと接触して、僕のレースはほぼ終わってしまった。フロントウイングを壊し、フロアにダメージを受けてしまったんだ。この周でかなり遅れてしまったから、もう勝負権はなかった」

「週末を通じて、良いペースを見せていた。その報いを受けることができなかったので、それは大いに残念なことだ。ただ、今週末から持ち帰ることができるポジティブな部分が、かなりあると思う。次のイモラでもう一度それを見たいと思う」

 チーム代表のフランツ・トストは、ガスリーの今回の結果は「運が悪かっただけ」だと語っている。

「ピエールのレースは、フロアにダメージを受けたために妥協を強いられ、パフォーマンスが大幅に低下してしまった。にも関わらず、彼はいくつかの素晴らしいラップタイムを記録した。最速のマシンのひとつだったと言えるだろう」

「残念ながら最後は、ギヤボックスの問題が疑われたため、レース終盤に彼をリタイアさせる必要があった。ポイントを獲得することはできなかったが、彼は予選で素晴らしい仕事をし、今日はレースでのペースが優れていることを示した」

「今日の彼は運が悪かっただけだ」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅、F1デビュー戦で入賞……日本人初の快挙「アロンソを抜いた時は感動した」

前の記事

角田裕毅、F1デビュー戦で入賞……日本人初の快挙「アロンソを抜いた時は感動した」

次の記事

F1開幕戦で物議醸したトラックリミット問題、解釈が一貫しない様はまるで“シェイクスピア”?

F1開幕戦で物議醸したトラックリミット問題、解釈が一貫しない様はまるで“シェイクスピア”?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
サブイベント Race
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 田中 健一