ホンダPU勢には試練のF1イギリスGP。田辺TD「ここがターニングポイントだったと言われないよう、今後も全力を尽くす」

イギリスGPでは角田裕毅のみが入賞となったホンダPU勢。田辺豊治F1テクニカルディレクターは「非常に残念な結果」としながらも、これがターニングポイントにならないようにしたいと語った。

ホンダPU勢には試練のF1イギリスGP。田辺TD「ここがターニングポイントだったと言われないよう、今後も全力を尽くす」

 F1イギリスGPは、ホンダ製パワーユニット(PU)搭載勢にとっては、厳しいレースとなった。

 レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンがポールポジションからスタートしたものの、1周目にルイス・ハミルトン(メルセデス)に追突されたことでクラッシュし、リタイア。チームメイトのセルジオ・ペレスも16位だったため、チームとしてノーポイントに終わった。

 アルファタウリ・ホンダも、角田裕毅が10位1ポイントを獲得したものの、そのチームメイトであるピエール・ガスリーはレース終盤にパンクに見舞われたため追加のピットイン……やはり無得点に終わった。

 つまりホンダPU勢は、角田が獲得した1ポイントしか手にできなかったわけだ。

Read Also:

「レッドブル・レーシングにとっても、そしてホンダの欧州の拠点があるという意味でも、イギリスGPは地元レースでした。しかし、非常に残念な結果に終わりました」

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、決勝レース後にそう語った。

「今回は初めて、スプリント予選レースが導入されたグランプリとなりました。色々と難しいところもありました」

「そのスプリント予選でポールポジションを獲得したフェルスタッペン選手が、1周目にハミルトン選手に後ろから接触され、コントロールを失ってクラッシュ。かなりのインパクトだったので心配したのですが、無事にマシンから降り、大事には至らなかったのは幸いでした」

「アルファタウリは、FP1の後すぐにパルクフェルメになるというフォーマットの中、難しい状況でレースを迎えました。しかし2台共に粘り強く走り、ポジションを上げることができました。ガスリー選手は終盤にパンクでピットインしなければならず残念でしたが、角田選手が代わりにポイントを獲得してくれました。これが、今回ホンダ勢唯一のポイント獲得です。彼がきっちりと走って結果を残せたのは、良かったと思います」

 フェルスタッペンは、かなり速いスピードでタイヤバリアに叩きつけられた。これにより、マシンに右サイドは激しく壊れ、エンジンカウルも粉々に割れていた。当時の衝撃は、51Gだったとも言われる。

 このクラッシュによるPUへのダメージはどのようなモノなのか? そう尋ねられた田辺テクニカルディレクターは、次のように語った。

「マシンが吊り上げられた映像を最初に見た時には、かなり酷いダメージかなと思ったんですが、その映像で見たよりは、実際のダメージは小さいような気がします」

 そう田辺テクニカルディレクターは語る。

「しかしいずれにしても、マシンに搭載した状態での見た目では、そのダメージは分かりません。HRD Sakuraに送り返した上で確認して、判断したいと思います」

「今回は非常に残念な結果でした。でも、正直言って23レースのうちの1戦ですし、まだ10戦が終わっただけ。ある意味、シーズンの半分も終わっていません。この先も気持ちを切り替えて、1戦1戦を大切にしてやっていきたいと思います。『このイギリスGPがターニングポイントだったね』と言われないように、この先も全力でやっていきたいと思います」

 

Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅、ホンダPU勢唯一の10位入賞「タイヤマネジメントに、本当に集中した」
前の記事

角田裕毅、ホンダPU勢唯一の10位入賞「タイヤマネジメントに、本当に集中した」

次の記事

レッドブルF1のマルコ博士、ハミルトンの”危険な行為”激怒「出場停止などで罰するべき」

レッドブルF1のマルコ博士、ハミルトンの”危険な行為”激怒「出場停止などで罰するべき」
コメントを読み込む