F1イギリス予選速報:母国の意地! ハミルトン最速でスプリント予選レースのPP獲得。角田裕毅無念のQ1敗退

F1第10戦イギリスGPの予選が行なわれ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が土曜日に行なわれるスプリント予選レースのポールポジションを獲得した。

F1イギリス予選速報:母国の意地! ハミルトン最速でスプリント予選レースのPP獲得。角田裕毅無念のQ1敗退

 F1イギリスGPの予選が行なわれ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が最速タイムを記録。土曜日の午後に行なわれるスプリント予選レースのポールポジションを手にした。

 これまでは土曜日に行なわれてきたF1の予選だが、今回はスプリント予選レースの実施を含めた新しいフォーマットが組まれたため、金曜日行なわれることになった。

 そんな予選で速さを見せたのはハミルトン。ハミルトンは1分26秒134を記録し、スプリント予選レースのポールポジションを獲得した。

 3連勝中のマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、0.075秒差で2番手。3番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)がつけた。

 4番手にはフェラーリのシャルル・ルクレールが続き、もう1台のレッドブルを走らせたセルジオ・ペレスは5番手だった。

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、予選Q1で16番手となり、Q2に進出することができなかった。またチームメイトのピエール・ガスリーも予選Q2で12番手に終わり、Q3に進出することができず。アルファタウリ勢にとっては厳しい結果となった。

 

Read Also:

シェア
コメント
F1イギリスFP1:フェルスタッペン、初日予選に向けてトップタイムで発進。角田裕毅は12番手タイム

前の記事

F1イギリスFP1:フェルスタッペン、初日予選に向けてトップタイムで発進。角田裕毅は12番手タイム

次の記事

【F1動画】2021年第10戦イギリスGP予選ハイライト

【F1動画】2021年第10戦イギリスGP予選ハイライト
コメントを読み込む