F1 ハンガリーGP

F1ハンガリー決勝速報:大波乱のレースでオコンが初優勝! 角田裕毅7位入賞

アルピーヌのエステバン・オコンが、大波乱となったF1ハンガリーGPで初優勝を達成。角田裕毅は7位だった。

Esteban Ocon, Alpine A521, Sebastian Vettel, Aston Martin AMR21

 F1ハンガリーGPの決勝レースが行なわれ、アルピーヌのエステバン・オコンが優勝を手にした。

 2021年のハンガリーGPは、スタートから大混乱した。

 スタート直前に雨が降ってきたこともあり、全車がインターミディエイトタイヤでのスタート。ここでバルテリ・ボッタス(メルセデス)が1コーナーで止まりきれず、前を行くランド・ノリス(マクラーレン)に追突したことに端を発する多重クラッシュが発生してしまう。これで5台がリタイアし、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)も事故に巻き込まれてマシンに大ダメージを負っただけでなく、後方に下がった。

 これで赤旗中断となったが、その間に雨が上がってしまう。レース再開はスタンディングスタートになったが、各車はインターミディエイトタイヤを装着。しかし路面は乾いており、ほとんどのマシンはグリッドに向かわず、いきなりピットレーンに進入する。グリッドに並んだのは、なんとハミルトンだけだった。

 その他のマシンはこの間にドライタイヤ(ミディアム)に交換。ハミルトンは1周回ってきた後にピットストップを行なうが、最後尾に後退。エステバン・オコン(アルピーヌ)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、角田裕毅(アルファタウリ)という隊列となった。

 その後はオコンとベッテルの首位争いとなったが、2ストップ戦略に変更したハミルトンが猛追するという展開となる。

 ただハミルトンはアロンソとカルロス・サインツJr.(フェラーリ)を抜くのに手間取り、3位まで上がるのが精一杯だった。

 結局首位争いは最後の最後までオコンとベッテルの間で繰り広げられたが、オコンが逃げ切り。F1初優勝を手にした。ベッテルは2位。ハミルトンはこのふたりにわずか及ばず3位止まりとなった。

 レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは、スタート直後の接触のダメージが大きく、10位まで追い上げるのが精一杯。この結果、ランキング首位の座をハミルトンに明け渡すことになった。セルジオ・ペレスは、1周目のクラッシュでリタイアしている。

 アルファタウリ・ホンダは、ピエール・ガスリーが6位。角田裕毅は健闘も7位でのフィニッシュとなった。

 
 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 2021年 FIA F1世界選手権第11戦ハンガリーGP決勝レースライブテキスト
次の記事 多重クラッシュ原因のバルテリ・ボッタス、次戦5グリッド降格ペナルティ「回避可能な衝突を引き起こした」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本