ピエール・ガスリー、ベルギーGP初日の速さに満足「でも常に、もっと引き出せるはずの速さがある」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1ベルギーGP初日を3番手と5番手のタイムを記録。その走りには満足しつつも、まだまだ伸ばせる部分があると語る。

ピエール・ガスリー、ベルギーGP初日の速さに満足「でも常に、もっと引き出せるはずの速さがある」

 F1ベルギーGP初日に2回行なわれたフリー走行で、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが速さを見せた。

 ガスリーはFP1で3番手タイムを記録すると、FP2では5番手タイム。揃って上位につけた。

 ガスリーはこの日の走行を振り返り、チームのプレスリリースにコメントを発表。良い形でシーズン後半戦をスタートできたと喜んだ。

「スパのような素晴らしいコースで、夏休み明け最初のレースに戻ることができ、本当に嬉しい」

 ガスリーはそうコメントした。

「今週末は、できるだけ最高のスタートを切るのが重要だった。それが今日僕らがやったことであり、3番手と5番手で走行を終えることができた」

「明日に向け、集中しなければいけない部分は分かっている。もちろん、常にもっと引き出せるはずのスピードがある」

 ベルギーGPの初日は、雨が降ったり、止んだりという典型的な”スパ・ウエザー”に見舞われた。幸いにもドライコンディションで走ることができたものの、土曜日以降も雨が降る可能性があり、それに適応するための準備も必要だとガスリーは語る。

「ここスパでは、天候が非常に変わりやすく、金曜日も様々なコンディションに見舞われた。土曜日も雨が降る可能性があるから、それに備えておく必要がある」

「僕らのベースラインはうまく機能しているようだ。明日の予選でも、全てがうまく機能できることを望んでいる」

 

Read Also:

シェア
コメント
2021年のF1、開催スケジュール変更のアリ? ムジェロで2年連続開催の可能性も
前の記事

2021年のF1、開催スケジュール変更のアリ? ムジェロで2年連続開催の可能性も

次の記事

フェラーリ、F1ベルギーGPのFP2でクラッシュしたルクレールのマシンをシャシー交換

フェラーリ、F1ベルギーGPのFP2でクラッシュしたルクレールのマシンをシャシー交換
コメントを読み込む