セルジオ・ペレス、シーズン後半「もっとマシンに慣れ、力強く戦いたい」と意気込み。ホンダにタイトルをプレゼントしたい……とも

レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、今週末のF1ベルギーGPから始まるシーズン後半戦に向けて意気込みを語り、コンストラクターズチャンピオンを獲得することで、ホンダの貢献に報いたいと語った。

セルジオ・ペレス、シーズン後半「もっとマシンに慣れ、力強く戦いたい」と意気込み。ホンダにタイトルをプレゼントしたい……とも

 レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスが、2021年のF1後半戦初戦となるベルギーGPを前に、チームのプレスリリースにコメントを発表。さらにマシンに慣れ、力強い形で今シーズンを締めくくりたいと語った。

 今シーズンからレッドブルに加入したペレスは、アゼルバイジャンGPで優勝するなど優れた結果を残した一方で、イギリスGPをはじめとしてうまくいかないレースもいくつかあるなど、浮き沈みの大きいシーズン前半戦を過ごした。

 ハンガリーGP終了後からの3週間の”夏休み”期間は、ペレスにとっては良いリフレッシュの機会となったようだ。

「(夏休みは)シーズン後半に向けて充電し、新しい空気に触れることができた良い時間だった。移動することなく2週間同じ場所で過ごすのは、いつでも素晴らしいことだ」

 ペレスはそうコメントを寄せた。

「F1から離れ、完全にスイッチを切ることができた。それは重要なことだった。精神面でも、肉体面でもね」

「そして今、僕は戦う準備が整った。完全にリフレッシュすることができたよ。シーズン後半戦は、非常に激しいモノになるだろうからね。4ヵ月でシーズンが終わるなんで、ちょっと考えられないけどね」

 ハンガリーGPでは1周目にリタイアを強いられたペレス。そんな結果で前半戦を終えたということもあり、レースをすることに非常に飢えていると語る。

「とても飢えてるんだ! スパだけじゃなく、シーズン後半戦が始まるのがね。マシンにもっともっと慣れていって、正しい一歩を踏み出し、そして力強い形でシーズンを終えられると思う」

 後半戦初戦の舞台となるスパ・フランコルシャンは、F1マシンで走るのは素晴らしいサーキットだとしながらも、とても難しいコースだとペレスは語る。

「F1マシンでドライブするのはとても楽しいし、すごく速いコースだ。でも、スパは天候が予測しづらい。しかも1周の距離がとても長いので、一部分がドライコンディションでも、他の部分ではウエットコンディションになっている可能性もある。コンディションを判断するのは、とても難しいんだ」

 なおレッドブルとホンダは、今週末のベルギーGPで、パートナーシップを組んで50戦目を迎える。これについてペレスは、次のように語った。

「ホンダはとても熱心で、このスポーツに対する情熱を感じることができる。そういうエネルギーを持った人たちが周りにいるのは、素晴らしいことだ」

「彼らと一緒に仕事をすることを楽しんでいる。これまでのところ、それは素晴らしい経験だった。彼らが(今シーズン限りで)F1を去る前に、今年のチャンピオンシップを勝ち獲ることで、彼らに報いることができることを願っている」

 

Read Also:

シェア
コメント
アルピーヌ、アロンソとの契約を1年延長「新レギュレーション下の開発にも、フェルナンドの経験が活きる」

前の記事

アルピーヌ、アロンソとの契約を1年延長「新レギュレーション下の開発にも、フェルナンドの経験が活きる」

次の記事

2022年に初開催のF1マイアミGP、元トヨタのリチャード・クリーガンを運営チームのトップに起用

2022年に初開催のF1マイアミGP、元トヨタのリチャード・クリーガンを運営チームのトップに起用
コメントを読み込む