F1ベルギーFP3:“スパ・ウェザー”に翻弄される中でレッドブル・ホンダがワンツー、アルファタウリ角田は17番手

F1第12戦ベルギーGPのフリー走行3回目が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムだった。

F1ベルギーFP3:“スパ・ウェザー”に翻弄される中でレッドブル・ホンダがワンツー、アルファタウリ角田は17番手

 2021年シーズンのF1は、サマーブレイクをはさみ第12戦ベルギーGPから後半戦に突入。ベルギーはスパ・フランコルシャンで開催されているベルギーGPのフリー走行3回目では、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイムを記録した。

Read Also:

 スパ・フランコルシャンは、高低差のある全長6.976kmのコースレイアウト、金曜日から続く天候の読めない“スパ・ウェザー”などからF1屈指の難度とされている。

 グランプリのある3日間を通じて雨予報となっている今年のベルギーGP。FP3前に行なわれたFIA F3のレース1はかなり雨に振られたが、FP3開始時点では雨が上がっていた。しかし気温13度、路面温度15度と肌寒いコンディションは変わらない。

 60分のセッションが開始されると、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)を先頭に多くのマシンがインターミディエイトタイヤを履いてコースへ飛び出した。雨は止んでいるものの、依然ウエット路面。ニキータ・マゼピン(ハース)は排水性の高いウエットタイヤを装着していた。

 FP1、FP2も雨絡みではあったが、セッション大半をドライ路面で走行できていた。今後の天候も読めないが、FP3の後に行なわれる予選や日曜日の決勝レースでもウエット絡みになる可能性もあるため、走行を重ねることで各車共に貴重なデータを得られたことだろう。

 ただ、ピレリから供給されるウエット用タイヤも数に限りがある。フリー走行で無駄にタイヤを浪費すると、後のセッションで痛い目を見る可能性もある。

 各車が周回を重ねる中、キミ・ライコネン(アルファロメオ)のマシンにはブレーキトラブルが発生。クラッシュすることなくマシンをピットに戻すことはできたが、多くの時間をピットでの作業に割く羽目に。

 走行開始から30分が過ぎる頃には上空は明るくなりレコードライン上も所々で乾いていったが、すぐさま雨がコースを濡らし始めた。多くのマシンはピットへ留まり、天候が回復するのを待っていた。

 セクターごとに天気が異なるのが“スパ・ウェザー”。ラディオンから先のセクションではウエット路面だったが、メインストレートでは雲の隙間から日差しが差し込んでいる様子も見られた。ピエール・ガスリー(アルファタウリ)は刻々と変化するコースでコントロールを失いスピンを喫した。

 残り3分というところで、ウエット路面でのドライタイヤの感触を確かめるべく、リスクを承知でランド・ノリス(マクラーレン)が新品のソフトタイヤを投入。予選や決勝レースを見据えたノリスからの要望であったようだが、1周でピットへ戻った。

 スパ・ウェザーに翻弄されたものの、大きなクラッシュもなくセッションは終了。トップタイムは、フェルスタッペンがインターミディエイトタイヤで出した1分56秒924。2番手にはチームメイトのセルジオ・ペレスが0.947秒差でつけ、レッドブル勢がワンツーに並んだ。

 3番手にはルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップのフェルスタッペンから1.072秒差の1分57秒996。4番手には、1分58秒509で同郷ノリスが並んだ。

 アルファタウリ勢ではガスリーが7番手、角田はトップから4.586秒差の2分1秒510を記録し17番手でセッションを終えた。角田はウエット路面での周回を重ね、ピットイン・ピットアウトを繰り返し練習していた。

 FP3の後に行なわれる予選も雨の予報だ。しかもこれまでとは異なり、かなりの降雨になるとのこと。マシン性能差が少なくなるウエット路面での予選はドライバーの腕次第。普段とは異なる予選順位になるかもしれない。

 
 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 10 1'56.924     215.647
2 Mexico セルジオ ペレス 7 1'57.871 0.947 0.947 213.915
3 United Kingdom ルイス ハミルトン 9 1'57.996 1.072 0.125 213.688
4 United Kingdom ランド ノリス 11 1'58.509 1.585 0.513 212.763
5 France エステバン オコン 15 1'58.913 1.989 0.404 212.040
6 Canada ランス ストロール 16 1'59.205 2.281 0.292 211.521
7 France ピエール ガスリー 14 1'59.324 2.400 0.119 211.310
8 Germany セバスチャン ベッテル 15 1'59.436 2.512 0.112 211.112
9 United Kingdom ジョージ ラッセル 9 1'59.492 2.568 0.056 211.013
10 Spain フェルナンド アロンソ 16 1'59.613 2.689 0.121 210.799

シェア
コメント
F1、2021年シーズンのカレンダー最新版を発表。年間レース数は22レースに減少
前の記事

F1、2021年シーズンのカレンダー最新版を発表。年間レース数は22レースに減少

次の記事

【F1動画】2021年F1第12戦ベルギーGPフリー走行3回目ハイライト

【F1動画】2021年F1第12戦ベルギーGPフリー走行3回目ハイライト
コメントを読み込む