F1イタリア予選速報:ボッタス、意地の最速タイム! メルセデスがフロントロウ独占

F1イタリアGPの予選が行なわれ、今季限りでメルセデスを離れることが決まったばかりのバルテリ・ボッタスがトップタイムを記録した。

F1イタリア予選速報:ボッタス、意地の最速タイム! メルセデスがフロントロウ独占

 F1第14戦イタリアGPの予選が行なわれ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がスプリント予選レースの”ポールポジション”を獲得した。

 2番手にはルイス・ハミルトンがつけ、メルセデスがフロントロウを獲得。3番手にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が続いた。

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6番手。レッドブルのセルジオ・ペレスは9番手だった。

 ガスリーのチームメイトである角田裕毅は、予選Q1最後のアタックで15番手タイムを記録してQ2進出を果たしたと思われたが、このアタックはトラックリミット違反によりタイム抹消。結局17番手となり、Q1敗退を喫した。

 このセッションは、あくまで土曜日のスプリント予選レースのスタート順を決めるためのモノ。日曜日の決勝レースのスターティンググリッドは、そのスプリント予選レースの順位で決まることになる。

 

Read Also:

シェア
コメント
F1イタリアFP1:逆襲誓うハミルトンが速さを見せトップタイム、アルファタウリ角田は14番手

前の記事

F1イタリアFP1:逆襲誓うハミルトンが速さを見せトップタイム、アルファタウリ角田は14番手

次の記事

F1イタリア予選:ボッタス最速、メルセデスが最前列独占でスプリント予選へ。角田裕毅はQ1敗退17番手

F1イタリア予選:ボッタス最速、メルセデスが最前列独占でスプリント予選へ。角田裕毅はQ1敗退17番手
コメントを読み込む