F1イタリアGPでの接触は、フェルスタッペンに責任ありと認定。次戦3グリッド降格ペナルティ

F1イタリアGPで起きたハミルトンとフェルスタッペンの接触についてレース後に審議が行なわれ、フェルスタッペンに非があると認定。次戦3グリッド降格ペナルティが科されることが決まった。

F1イタリアGPでの接触は、フェルスタッペンに責任ありと認定。次戦3グリッド降格ペナルティ

 F1イタリアGPの26周目の第1シケインで起きたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)の接触についてレース後に審議が行なわれ、スチュワードは今回の事故の非はフェルスタッペンにあったと判断。次戦3グリッド降格のペナルティを科すことを決めた。

 イタリアGPの26周目、ピットアウトしてきたハミルトンとコースを走行してきたフェルスタッペンは、第1シケインにサイド・バイ・サイドの状態で突入した。ターン1は無事にターンインしたが、インとアウトのポジション取りが逆転したターン2で、イン側にいたフェルスタッペンが縁石に弾かれるような格好となり、ハミルトンのマシンに接触。これによりフェルスタッペンのマシンが跳ね上げられるような形となり、ハミルトンのマシンに覆い被さるような格好となってストップした。

 両者はこれでリタイアとなったが、スチュワードはレース後に行なった審議で、フェルスタッペンに非があると認定。次戦ロシアGPでの3グリッド降格ペナルティと、ペナルティポイント2を科すことを決めた。

 

Read Also:

シェア
コメント
ルイス・ハミルトン、フェルスタッペンとのクラッシュを語る「彼は事故の前に何が起きるか分かっていた」
前の記事

ルイス・ハミルトン、フェルスタッペンとのクラッシュを語る「彼は事故の前に何が起きるか分かっていた」

次の記事

ホンダ田辺豊治テクニカルディレクター「ホンダ勢には厳しいイタリアGPになった」

ホンダ田辺豊治テクニカルディレクター「ホンダ勢には厳しいイタリアGPになった」
コメントを読み込む