「本来ならば日本GPだった週末……トルコGPも楽しんで欲しい」ホンダF1田辺テクニカルディレクターが意気込み

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、F1トルコGPに向けてコメントを発表。本来ならば日本GPが行なわれるはずだった週末に、特別企画と共にトルコGPを楽しんで欲しいと語った。

「本来ならば日本GPだった週末……トルコGPも楽しんで欲しい」ホンダF1田辺テクニカルディレクターが意気込み

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターが、今週末に開催されるトルコGPに向けてコメントを寄せた。

 昨年に続き、2年連続での開催となったトルコGP。舞台となるイスタンブールパーク・サーキットは、ぐるりと回り込む形のターン8が特徴的なコース。また様々な速度域のコーナーがあり、さらに起伏も富んでいるという、攻略するのが難しいレイアウトだ。

「今週末は、ロシアGPに続き、後半戦のフライアウェイレースとなるトルコへ向かいます」

 田辺テクニカルディレクターは、そう語った。

「昨年、COVID-19の影響を大きく受けてレースカレンダーに急きょ追加となり、9年ぶりに行なわれたトルコGPが、今年も開催されることとなりました。舞台となるイスタンブール・パークは、イスタンブール郊外のアップダウンに富んだ地形に位置し、低速から高速まで様々なコーナーがレイアウトされるテクニカルなサーキットです。特にターン8は、左に回り込みながら超高速で駆け抜けるコーナーで、ドライバーにかかるGが非常に大きいことでよく知られています」

 なお本来ならばこのトルコGPの週末は、鈴鹿サーキットでの日本GPが開催される予定だった。田辺テクニカルディレクターは、日本GPが開催されない分、トルコGPを楽しんで欲しいと語った。

「今週末は、本来であれば日本GPが行なわれるはずだった週末になります」

「我々のプロジェクトの最終年、そして日本人ドライバーの角田(裕毅/アルファタウリ)選手のデビューイヤーに、母国であり我々のホームサーキットでもある鈴鹿でのレースができないことを本当に残念に思っています」

「オンラインイベントなど、日本のファン向けに多くの企画が用意されていますので、トルコGPとともに楽しんでいただければと思っています」

 前戦ロシアGPでは、ホンダ製パワーユニット(PU)を使うマックス・フェルスタッペンは、最後尾グリッドからスタートしつつも2位でフィニッシュ。ダメージを最小限に抑えた。これを今シーズン後半に活かしていきたいと田辺テクニカルディレクターは語る。

「前戦ロシアGP、フェルスタッペン選手がポイントリーダーのポジションは譲ったものの、PUペナルティーの影響を最小限に抑えられたことは、この先のチャンピオンシップ争いにおいていい結果だったと思います」

「いつも応援いただいている日本のファンの皆さんにいい結果を届けるべく、昨年の走行データやシミュレーションをもとに、イニシャルの設定を十分に整え、さらにセッションごとにセッティングの最適化を進めていきます」

「今週末も全力で挑みます」

 

Read Also:

シェア
コメント
開発が進む2022年F1マシン、シミュレータでの感触はイマイチ?「他のチームもそうだといいけど……」とノリス
前の記事

開発が進む2022年F1マシン、シミュレータでの感触はイマイチ?「他のチームもそうだといいけど……」とノリス

次の記事

新規則で”開発の自由度”が少ない次世代F1。違いが分からないマシンになってしまうのか?

新規則で”開発の自由度”が少ない次世代F1。違いが分からないマシンになってしまうのか?
コメントを読み込む