アルファタウリ・ホンダのガスリー、”ライバル”アルピーヌ勢を攻略し7位「満足できる結果」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1サンパウロGPを7位でフィニッシュ。コンストラクターズランキングを争うアルピーヌ勢を攻略し、貴重なポイントを手にした。

アルファタウリ・ホンダのガスリー、”ライバル”アルピーヌ勢を攻略し7位「満足できる結果」

 F1サンパウロGPの決勝レースを、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは7位でフィニッシュ。この結果についてガスリーは「非常に重要な結果だ」と語った。

 ガスリーは金曜日に行なわれたノックアウト予選で5番手に入ったものの、土曜日のスプリント予選レースでは8番手までポジションを落としてしまった。決勝ではルイス・ハミルトン(メルセデス)のグリッド降格によりガスリーは7番グリッドからスタート、そのハミルトンには先行されたものの、ランド・ノリス(マクラーレン)が後退。レース終盤には、1ストップ戦略で走り切ることを目指したアルピーヌ勢に先行されるシーンもあったが、2台をオーバーテイクしてスタート時のポジションと同じ7位でフィニッシュした。

「本当に嬉しい。とても激しいレースだったけど、今日の結果は満足できると思う」

 ガスリーはチームのプレスリリースそうコメントを寄せた。

「ダニエル(リカルド/マクラーレン)、セブ(セバスチャン・ベッテル/アストンマーチン)と本当に素晴らしい戦いをすることができた。その後、アルピーヌともレースの終盤に争った。彼らとレースをするのは、とても楽しかった。F1では、そういうことがあまりないからね」

 結果的にガスリーの前でフィニッシュしたのは、メルセデス、レッドブル、フェラーリのみ。そのポジションには、大いに満足していると語った。

「もちろん大変なレースだったけど、今日はトップ3チームの後ろ、可能な限り最高のポジションでフィニッシュすることができた」

「このことは、(コンストラクターズランキング)5位争いを続けていく中で、最も重要なことだったと思う」

 結局ガスリーが7位でレースを終えたことで、8位と9位でダブル入賞を果たしたアルピーヌと同ポイントを獲得。コンストラクターズランキングでは2チームが引き続き同ポイントに並ぶことになった。

 残りのレースは3戦。結末はまだまだわからない。

 

Read Also:

シェア
コメント
「メルセデスにやられた」ホンダ田辺テクニカルディレクター、サンパウロGP敗戦は”大きな1敗”
前の記事

「メルセデスにやられた」ホンダ田辺テクニカルディレクター、サンパウロGP敗戦は”大きな1敗”

次の記事

F1サンパウロGP 決勝:ハミルトンが王者の貫禄を見せつける101勝目! フェルスタッペン後塵拝す。角田裕毅は15位

F1サンパウロGP 決勝:ハミルトンが王者の貫禄を見せつける101勝目! フェルスタッペン後塵拝す。角田裕毅は15位
コメントを読み込む