【速報】開催地未定となっていたF1第20戦はカタールGPに決定。2023年からの10年契約も発表

2021年のF1第20戦が、カタールGPとして開催されることが決まった。開催サーキットはロサイル・インターナショナル・サーキット。また、2023年から10年間同国でF1を開催することも決定した。

【速報】開催地未定となっていたF1第20戦はカタールGPに決定。2023年からの10年契約も発表

 F1は開催地未定となっていた2021年シーズンの第20戦として、カタールGPを開催することを発表。MotoGPなどを開催する同国のロサイル・インターナショナル・サーキットで、初めてF1が開催されることになった。

 今シーズンは当初23レースが予定されていたが、日本GPを含む複数のグランプリが新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止に。そのためレース開催総数は1戦減った22戦となることが決まっていた。そしてその中でも20戦目は、開催地未定とされたまま、水面下で調整が続けられてきた。

 この開催地については様々な憶測がなされていたものの、その中で候補に名前が挙がっていたカタールでの初開催が決まった。

 なおカタールでは、2022年にサッカーのワールドカップが開催される予定。その翌年となる2023年からは10年契約でF1カタールGPを開催することも同時に合意された。なお2023年からのレース開催サーキットについては現在議論が進められており、後日改めて発表されることになるという。

 

Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ、新PUによる改善の詳細明かさず。ビノット代表「重要なのは、新技術で前進した事実」

前の記事

フェラーリ、新PUによる改善の詳細明かさず。ビノット代表「重要なのは、新技術で前進した事実」

次の記事

ホンダ、新領域への取り組みを発表。F1のMGU技術がeVTOLに活きる? 他にもアバターロボや月面&宇宙への挑戦も

ホンダ、新領域への取り組みを発表。F1のMGU技術がeVTOLに活きる? 他にもアバターロボや月面&宇宙への挑戦も
コメントを読み込む