ホンダF1田辺TD「パフォーマンスアップのため、やることはまだ沢山」ホンダ勢は初日全台トップ8入り

ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、F1カタールGP初日を振り返り、初走行のロサイル・インターナショナル・サーキットではパフォーマンスアップのために、まだまだやることがあるとコメントした。

ホンダF1田辺TD「パフォーマンスアップのため、やることはまだ沢山」ホンダ勢は初日全台トップ8入り

 F1第20戦カタールGPが、ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催を迎えている。ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは初開催のコースへの最適化のため、すべきことはまだ多いと語った。

 MotoGP開幕戦の舞台としては馴染みのあるロサイル・インターナショナル・サーキットだが、F1の開催は今シーズンが初めて。各チームは初日の走行を通じて、データの無いサーキットでのセットアップを詰めていくことが求められた。

 ホンダ製パワーユニット搭載勢では、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がFP2で2番手、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が3番手をマーク。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)もトップ10にとどまった。

 田辺テクニカルディレクターは、両チームとも周回を多く重ね、セットアップを進められたとコメント。ただパフォーマンスを上げるために、まだまだやることが多いと語っている。

■ホンダF1 田辺豊治テクニカルディレクター

「今日のカタールGP初日では、FP1が日中に、FP2はレース開始時間に合わせた夕刻17時から行なわれました。ほかの砂漠地帯でのレースと同様に、外気や路面の温度が、特に日没後に大きく変化するため、明日の予選、そしてレースに向けて、路面温度の状況が近いFP2のデータが重要となります」

「今日が初走行となったロサイル・インターナショナル・サーキットで、両チームは多くの周回を重ねて車体・PUともにセットアップの煮詰めを進めました。ただ、パフォーマンスアップのためにまだまだやることがたくさんあります。本日収集した多くのデータを解析し、予選、またレースに向けて最適化を進めて臨みます」

 
Read Also:

シェア
コメント
メルセデス、再審請求はペナルティを引き出すためではないと主張「物議を醸す形の決着は望まない」
前の記事

メルセデス、再審請求はペナルティを引き出すためではないと主張「物議を醸す形の決着は望まない」

次の記事

F1メカ解説|ピットレーン直送便:大ダウンフォース&冷却が必要なカタール……各チームはどう対処する?

F1メカ解説|ピットレーン直送便:大ダウンフォース&冷却が必要なカタール……各チームはどう対処する?
コメントを読み込む