角田裕毅、レースペース上がらずカタールGPは13位「こんなことになるとは思わなかった」

F1カタールGPの決勝レースを8番グリッドからスタートした角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、レースペースが上がらず厳しいレースとなった。

角田裕毅、レースペース上がらずカタールGPは13位「こんなことになるとは思わなかった」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1カタールGPを13位で終えた。

 予選では好調な走りを見せ、8番グリッドから決勝レースをスタートすることになった角田。しかしソフトタイヤを履いてスタートした決勝ではペースに苦しみ、ポジションを落としてしまうこととなり、早々にタイヤを交換。その後も思うようにペースを上げられず、13位でフィニッシュすることになった。

 チームメイトのピエール・ガスリーも同様にペースに苦しみ、アルファタウリとしては痛恨の無得点。一方、コンストラクターズランキング5位を争うライバルであるアルピーヌ勢がダブル入賞を果たしたため、両チームの差は25ポイントとなった。

「特に厳しいレースでした。最初のスティントでは、ソフトタイヤでかなり苦労しました」

 角田はチームのプレスリリースにそう語った。

「こんなことになるなんて、考えていませんでした。今週末は全体的に良いペースで走ることができていましたからね。でも、今日のレイスでは後退してしまいました。データを見直して、なぜそうなったのかを理解する必要があります」

 今シーズンも残り2レース。なんとか巻き返しを図りたいと、角田は語った。

「アルピーヌは今日、とても良いレースをしました。だから本当に残念な結果です。最後の2レース、力強さを取り戻す必要があります」

 テクニカルディレクターのジョディ・エジントンによれば、角田のマシンには最初のスティントで捨てバイザーが引っ掛かってしまい、それによりパフォーマンスに影響が及んでいたという。

「今夜のレースは、2台のマシンがペースとタイヤのデグラデーションに苦しんだ」

 そうエジントンは語る。

「ユウキは最初のスティントで、捨てバイザーがリヤウイングに引っ掛かってしまったため、厳しいモノになってしまった」

「これによってダウンフォースとバランスが失われたため、1回目のピットストップを前倒して、取り外さなければならなかった。そのため、理想のポジションよりも順位を落としてしまった」

「我々は最初のピットストップを前倒しして、タイヤの摩耗をコントロールできるよう、戦略面で適応させることを余儀なくされた。これらの問題は、最後にはトラックポジションに影響を及ぼした。そして、追い上げに活かすことができるだけのペースはなかった」

 そう語るエジントンは、残り2レースで巻き返すことを誓った。

「明らかに、コンストラクターズチャンピオン5位争いで後退したことに、チーム全体が失望している。でも、まだ2レースが残っている。チャレンジングなことだけど、我々の目標は変わらない。できるだけ多くのポイントを獲得できるよう、懸命に努力するつもりだ」

 
Read Also:
シェア
コメント
フェルナンド・アロンソ、7年ぶり表彰台。驚異のタイヤマネジメントで3位「ついに辿り着いた」
前の記事

フェルナンド・アロンソ、7年ぶり表彰台。驚異のタイヤマネジメントで3位「ついに辿り着いた」

次の記事

レッドブル代表、”誹謗中傷”で呼び出し受けて謝罪。フェルスタッペンのグリッド降格に怒り

レッドブル代表、”誹謗中傷”で呼び出し受けて謝罪。フェルスタッペンのグリッド降格に怒り
コメントを読み込む