アルファタウリ・ホンダの角田裕毅、ポルトガル-スペイン連戦に意気込み「最初の2戦では、トップ6を走る力があった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、2週連続で行なわれるポルトガルGPとスペインGPに向けコメント。厳しいレースとなったエミリア・ロマーニャGPでの失敗から学び、今後のレースに活かすと語った。

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅、ポルトガル-スペイン連戦に意気込み「最初の2戦では、トップ6を走る力があった」

 アルファタウリ・ホンダは今週末に開催されるポルトガルGP、そして翌週に行なわれるスペインGPに向けてプレスリリースを発表。その中で角田裕毅は、試練のレースとなったエミリア・ロマーニャGPから学び、連戦に活かしていくと意気込みを語った。

 エミリア・ロマーニャGPは、角田にとって厳しい1戦となった。予選ではQ1でクラッシュし、最後尾からのスタート。決勝レースでは入賞圏内まで追い上げたものの、赤旗中断から再スタートした直後にスピンしてポジションを落とし、さらにトラックリミット違反で5秒のタイム加算ペナルティを科されてしまったのだ。

「イモラでは、多くの教訓を得ました。順調だったバーレーンとは正反対のグランプリになりました」

 角田はそうプレスリリースにコメントを寄せた。

「イモラに非常に高い期待を持っていました。チームもそうでした。フリー走行までは全てが順調に進んでいましたが、予選では大きなミスを犯し、非常に厳しいレースになってしまいました」

「僕はこの2年間、酷いクラッシュをしていませんでした。ですから、これは次のレースに向かう上で、良いレッスンになりました。ウエットコンディションでF1マシンをドライブするのもこれが初めてで、インターミディエイトタイヤを使うのはとても難しかったです。なので、徐々にスピードを上げていくしかなかったんです」

「でもその一方で、最初の2つのコースでは、僕らのマシンはとても競争力があり、トップ6を走ることができるマシンがあったのも事実です」

 ポルトガルGPの舞台となるポルティマオは、角田にとっては初体験のコースとなる。その印象について角田は、次のように語った。

「ポルトガルのコースは、僕にとっては新しい体験です。シミュレータでポルティマオを何度か走りましたし、昨年のグランプリも見ました。でも、何を期待できるかはまだ分かりません」

「ターン1や、オフキャンバーがあるターン13のような興味深いコーナーがあり、とてもユニークに見えます。それだけでなく、非常に多くのアップダウンがあり、先が見えないブラインドコーナーもあります。トラックリミットに関しては注意する必要があると思いますが、徐々にペースを上げていきます」

「バーレーンとイモラは、レース前にすでにたくさん走っていました。だから今回は、これまでの2戦とは全く異なる状況になると思います。フリー走行でできるだけ多くの周回をこなして、できるだけ早くコースに適応し、予選に向けて準備を整えられることを願っています」

 スペインGPの舞台となるカタルニア・サーキットは、角田にとってはF2時代に走ったコースであり、ポルティマオとはまた状況が異なる。

「ポルトガルの次はバルセロナです。昨年はF2で2レースを走り、いずれも4位でフィニッシュすることができました」

 そう角田は語る。

「タイヤマネジメントは、予選でもこのコースで重要な要素になります。セクター1でタイヤを使い切りたくないですし、良いラップタイムを計測するためには、セクター3までタイヤを温存しておかなければいけないんです」

「このコースは好きなので、F1マシンでドライブするのを楽しみにしています。よく知っているコースですから、FP1から良いペースで走れると確信しています」

 

Read Also:

シェア
コメント
DAZNポルトガルGPの配信スケジュールが決定:昨年メルセデス圧勝の地。レッドブルは前戦優勝の勢い活かせるか
前の記事

DAZNポルトガルGPの配信スケジュールが決定:昨年メルセデス圧勝の地。レッドブルは前戦優勝の勢い活かせるか

次の記事

マクラーレン代表、リカルドの発言を支持「F1には、クラッシュより魅力的な部分がたくさんある」

マクラーレン代表、リカルドの発言を支持「F1には、クラッシュより魅力的な部分がたくさんある」
コメントを読み込む