角田裕毅、F1ポルトガルGP予選でQ3進出ならず「ソフトタイヤでグリップが全くなかった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1ポルトガルGPの予選に挑み、Q3進出はならず14番手グリッドを確保した。

角田裕毅、F1ポルトガルGP予選でQ3進出ならず「ソフトタイヤでグリップが全くなかった」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、アルガルヴェ・サーキットで行なわれているF1ポルトガルGPの予選で14番グリッドを獲得した。

 角田は予選Q1を12番手で通過。しかしQ2ではタイムが伸びす、14番手止まりとなった。

「ここをドライブするのはこれが初めてで、FP2の終わりまでにサーキットにうまく適応できたと思います。予選に向けて本当に準備ができていると感じました」

 角田はそうチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「ラップは良かったんですが、ただタイヤが合いませんでした。ソフトタイヤにはグリップがまったくなく、最後のセクターまでハードタイヤを履いているように感じました」

 そう語る角田だが、この日までの走行データを分析し、決勝で追い上げることを目指すと語った。

「今日は難しい予選セッションで、本当にがっかりしました。でも今夜はエンジニアとデータを分析し、どこを改善していけるかを見ていきたいと思います」

「決勝では、良いレースペースがあることを願っています。そしてグリッドからポジションを上げられるように、全力を尽くすつもりです」

 

Read Also:

シェア
コメント
【F1動画】第3戦ポルトガルGP予選ハイライト

前の記事

【F1動画】第3戦ポルトガルGP予選ハイライト

次の記事

ホンダF1田辺TD、14番グリッドから追い上げる角田裕毅には「彼らしいアグレッシブな走りを期待」

ホンダF1田辺TD、14番グリッドから追い上げる角田裕毅には「彼らしいアグレッシブな走りを期待」
コメントを読み込む