アルファタウリ・ホンダ代表、7位入賞の角田裕毅を絶賛「彼が知っているコースなら、もっと良い結果を望める」

アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストは、F1アゼルバイジャンGPで7位に入った角田裕毅を称賛。初体験のサーキットで好結果を手にしたことに触れ、今後彼が知っているコースでなら、より良い結果を期待できると語った。

アルファタウリ・ホンダ代表、7位入賞の角田裕毅を絶賛「彼が知っているコースなら、もっと良い結果を望める」

 アルファタウリのフランツ・トスト代表は、アゼルバイジャンGPで7位に入賞した角田裕毅を称賛した。

 アルファタウリ・ホンダにとって2021年のアゼルバイジャンGPは、非常に力強いパフォーマンスを発揮したイベントとなった。ピエール・ガスリーが3位入賞、角田も7位に入り、今季初のダブル入賞を果たしたのだ。

 角田は7番グリッドからスタート。直後にアルピーヌのフェルナンド・アロンソに抜かれたがこれを取り戻し、力強い走りを披露した。

 レース終盤に赤旗が出て中断。その再開直後には一時5番手に上がったものの、その後2台に抜かれてしまい、結局スタートポジションと同じ7位でフィニッシュした。

 角田本人はこの結果について「少し不満」と語っているが、チームのトスト代表は、その走りを称賛する。

「ユウキは素晴らしい仕事をしたと言わざるを得ない」

 トスト代表はレース後にそう語った。

「彼は昨日(予選で)小さなアクシデントに見舞われた。ただそれは予選Q3なら起こりうることであり、経験豊富なドライバーであっても犯してしまうようなことだった。そして今日、彼は時々信じられないようなレースペースを披露した」

「彼は本当に速かったから、何かあったのではないかと心配したよ。でも彼は非常に良い形で走った。もう少し経験を積めば、後半戦にはもっと良い結果を出せると思う。特に、彼が知っているコースでならね」

 トスト代表は、アゼルバイジャンでの角田のパフォーマンスは、これまででベストなモノだったと語る。

「私にとってはそうだ。彼はかなり改善した」

「彼は、今回初めてバクーを走ったということを、忘れてはいけない。もちろん、開幕戦バーレーンでも彼は9位でフィニッシュし、ポイントを獲得した。でも彼は、F2時代にそのコースを走っていたし、テストでも走っていたから、コースのことをよく知っていた。良いセットアップも見つけることができたんだ。しかし今回のバクーのコースを、彼は知らない……にもかかわらず、彼はすぐにコースに慣れたんだ」

「彼は7番グリッドからスタートし、7位でフィニッシュした。私からすれば、素晴らしいショーだったと思う」

「まだまだ、いくつかのことに取り組まねばならないことは分かっている。でも、彼は素晴らしい才能を持っている。だから、全てのことをまとめあげることができると確信しているよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
アストンマーチン初表彰台のベッテル「タイヤマネージメントがカギだった」
前の記事

アストンマーチン初表彰台のベッテル「タイヤマネージメントがカギだった」

次の記事

フェルスタッペン、勝利目前でまさかのタイヤトラブル「ピレリはデブリのせいにするだろうけど……」

フェルスタッペン、勝利目前でまさかのタイヤトラブル「ピレリはデブリのせいにするだろうけど……」
コメントを読み込む