角田裕毅、アゼルバイジャンGP初日FP2で10番手「今週末は良いペースがある」

角田裕毅は初挑戦となるアゼルバイジャンGPの初日を終えてチームのプレスリリースにコメントを寄せ、まだまだ改善すべき部分があるとしながらも、この週末好パフォーマンスを発揮できる可能性があると語った。

角田裕毅、アゼルバイジャンGP初日FP2で10番手「今週末は良いペースがある」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1アゼルバイジャンGPの初日フリー走行1回目(FP1)を14番手、FP2を10番手で終えた。

 角田がこのアゼルバイジャンを走るのは、ジュニアカテゴリー時代も含めて初めて。彼と同じルーキードライバーであるミック・シューマッハーとニキータ・マゼピン(共にハース)はいずれもFIA F2時代に走行経験があるため、全ドライバー中走行経験がないのは角田のみ……という状況だった。

 しかし角田は、初日の走行を順調に消化、FP1からFP2にかけてペースも向上させた。

「ここはモナコとかなり似ているように感じます。ほとんどのコーナーではハードブレーキが必要なので、ペースを上げていきつつ、ブレーキングゾーンにも自信を持てるようにしていかなければいけません」

「ランオフエリアには何度か入ってしまいましたが、限界を見つけられたのは良かったと思います。しかも、ウォールにクラッシュすることはありませんでしたからね!」

 前述の通り、角田はFP2で10番手。チームメイトのピエール・ガスリーも、FP1で6番手、FP2で5番手と、今回のアルファタウリは、相対的に高いパフォーマンスを秘めていそうだ。

 角田は、まだまだすべきことがあるとはしながらも、今週末に大きな期待を抱いているようだ。

「FP1からFP2への進歩も良かったと思います。朝は少し苦戦しましたが、FP2には良い形で進歩することができたんです。まだ取り組まなきゃいけない部分がいくつかありますが、今週末は間違いなく良いペースがあると思います」

「明日は、全てをまとめ上げる必要があります」

 

Read Also:

シェア
コメント
2021年のF1シンガポールGP、開催中止へ。代替レース開催を検討中も前途多難
前の記事

2021年のF1シンガポールGP、開催中止へ。代替レース開催を検討中も前途多難

次の記事

ホンダPU勢、アゼルバイジャン初日は4台トップ10「まだまだ最適化の余地がある」と田辺TD

ホンダPU勢、アゼルバイジャン初日は4台トップ10「まだまだ最適化の余地がある」と田辺TD
コメントを読み込む