フェルスタッペン、フランスGP初日首位も警戒怠らず「かなり改善できたが、簡単な週末にはならない」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、フランスGPの初日をトップタイムで終えたものの、ライバルも非常に近い所にいるため、簡単な週末にはならないだろうと語った。

フェルスタッペン、フランスGP初日首位も警戒怠らず「かなり改善できたが、簡単な週末にはならない」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1フランスGPの初日FP1を3番手、FP2を首位で終えた。

 フェルスタッペン曰く、FP2序盤まではマシンに満足することができていなかったものの、最終的には良いマシンに仕上げることができたという。

「全体として、最終的には良かったと思う。かなり改善することができたからね」

 フェルスタッペンはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「FP1ではもちろん、FP2の序盤でさえ、あまり満足できていなかった。でも午後2番目に使ったタイヤでは、マシンはずっと良くなり、全てが繋がっているように感じられた」

「このコースはとても開かれたところにあるから、かなり風が強い。こういう部分が本当に難しいと思う。つまり、1周をまとめるのが簡単じゃないんだ」

「しかもその風は突風とも言えるようなモノなので、ある周では大丈夫だと感じても、次の周には強くなってしまうという可能性がある。つまり、コーナー通過中の速度を選択するのは、簡単ではないんだ。ただ、それは誰もが対処する必要があることだ」

 土曜日以降の勢力図はまだ分からないと言うフェルスタッペン。ロングランのペースも接近しているとして、簡単な週末にはならないだろうと語った。

「明日は僕らがどのポジションにいるか分からない。そして、他のチームがひと晩でどんなことを見つけるのか、誰にも知る由もないんだ」

「ロングランではまともなように見えた。でも、非常に僅差だ。だから間違いなく簡単なレースにはならないと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスF1、2022年のラインアップ決定は冬まで遅れる?「決定を急ぐ必要はない」

前の記事

メルセデスF1、2022年のラインアップ決定は冬まで遅れる?「決定を急ぐ必要はない」

次の記事

母国レースで好調のアルピーヌF1。アロンソ「”通常”の競争力に戻った」と安堵

母国レースで好調のアルピーヌF1。アロンソ「”通常”の競争力に戻った」と安堵
コメントを読み込む