角田裕毅、F1フランスGP初日は”満足”「中団グループは大接戦だけど、僕らにはペースがある」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1フランスGP初日を終えてコメント。大接戦になるとしながらも、マシンに対する自信を取り戻しつつあり、さらに「ペースもある」と語り、予選・決勝に向けて期待を感じさせる。

角田裕毅、F1フランスGP初日は”満足”「中団グループは大接戦だけど、僕らにはペースがある」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1フランスGPの初日FP1を10番手、FP2を13番手で終えた。

Read Also:

 角田は前戦アゼルバイジャンGPで7位入賞。良い流れでフランスGPを迎えた。しかもここ数戦とは異なり、レースをした経験のあるサーキットでのグランプリである。

「今日は良い1日でした。ポール・リカールでの走行経験があったので、ここでのアプローチは、これまでの数レースと比べて少し楽だと思います」

 角田はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「午前中のセッションではスピンしてしまいましたが、それでも2回のセッションは順調に進んだと思います。FP2ではセットアップに少し苦労しましたが、うまく順応することができました。そして最終的には、マシンの挙動に満足することができたんです。マシンに対する自信は間違いなく戻ってきています。バクーでの結果は、それを後押ししてくれます」

 ただ今回のレースも接戦。予選ではほんの僅かなミスが、グリッドポジションに影響してくるかもしれない。

「予選に向けては、まだやるべきことがたくさんあります。フィールドは非常に接戦なので、競争が非常に激しくなります。でも、確実にペースはあります」

 

Read Also:

シェア
コメント
ホンダF1田辺TD、フランスGPは接戦を覚悟「細部に至るまでデータを確認し、最適化を進めていく」
前の記事

ホンダF1田辺TD、フランスGPは接戦を覚悟「細部に至るまでデータを確認し、最適化を進めていく」

次の記事

メルセデスF1、2022年のラインアップ決定は冬まで遅れる?「決定を急ぐ必要はない」

メルセデスF1、2022年のラインアップ決定は冬まで遅れる?「決定を急ぐ必要はない」
コメントを読み込む