角田裕毅のF1フランスGPは13位「タイヤが完全に終わってしまった」……ポイント獲得のために、予選の改善が急務

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1フランスGP決勝でアルファロメオ勢をアンダーカットするために早々にピットインしたものの、最後にはタイヤの寿命が尽きてしまったため、厳しいレースになったと語った。

角田裕毅のF1フランスGPは13位「タイヤが完全に終わってしまった」……ポイント獲得のために、予選の改善が急務

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1フランスGP決勝レースを13位でフィニッシュした。

 角田は予選Q1でクラッシュ。この影響でギヤボックスとフロアを交換し、ピットレーンからレースをスタートすることになった。

Read Also:

 レース序盤は前を行くマシンを次々にオーバーテイクし、4周目には16番手まで浮上。ポイント獲得の可能性も匂わせた。

「1周目は本当に良かったです。ピットレーンからスタートして、なんとか3つポジションを上げることができたんです」

 角田はプレスリリースにそうコメントを寄せた。しかしその後、ミディアムタイヤを履いてスタートした角田は、ハードタイヤを履くキミ・ライコネン(アルファロメオ)の後ろに詰まってしまう。そのためチームは早々に角田をピットに呼び戻し、ハードタイヤを履かせた。全ドライバー中、2番目に早い段階でのピットストップだった。

「僕は別のコンパウンドのタイヤを履く、アルファロメオの後ろに詰まってしまいました。そのため、ハードタイヤを履いてアンダーカットを成功させようと思いました。その作戦を成功させるためにも、僕は最初から攻めて走らなければいけなかったんです」

「でもレースの終わりを迎えるまでに、そのタイヤは完全に終わってしまいました」

 レースを完走できたことはポジティブだとしながらも、予選をしっかりまとめ上げること……それが課題だと角田は語る。

「僕のF1マシンでの走行距離と、レース経験は確実に増えています。それは、僕にとって本当にポジティブなことです」

 角田はそう語る。

「今はグリッドのさらに上のポジションからレースをスタートし、ポイントを獲得する可能性を高めるためにも、予選の改善に取り組む必要があると思っています」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1フランス決勝:フェルスタッペン、追い上げ”ミッション遂行”。スペインの雪辱果たす劇的勝利
前の記事

F1フランス決勝:フェルスタッペン、追い上げ”ミッション遂行”。スペインの雪辱果たす劇的勝利

次の記事

レッドブルに勝つためには1ストップに”固執”するしかなかった……2位敗北のハミルトン「それでも良いレースだった」

レッドブルに勝つためには1ストップに”固執”するしかなかった……2位敗北のハミルトン「それでも良いレースだった」
コメントを読み込む